Lifestyle

「君、よく痴漢にあうでしょう」と言った同僚が、逮捕された理由

新たな悩みは娘の代にも。下半身を見せる男児

子供 おもちゃ 遊び そんな美穂子さんですが、無事トラウマを乗り越え、6年前に結婚。女の子を出産し、今は育児に追われています。  彼女の今の悩みは、やはり露出行為だと言うのです。 「女の子が生まれて、今度は親の立場になったのですが、また同じような悩みで困っているんです。娘はまだ5歳なのですが、同じクラスの男の子が、娘にピンポイントで見せてくるそうなのです。  昼寝中のふとんのなかで、娘にだけ『特別に見せてあげる』と言って出してくるみたいなんです。これって、よくあることなのでしょうか?」  男の子には見せたがる時期があるそうですが、ピンポイントで、というのが不可解ですね…。

加害者が狙う女性のタイプはある?

 娘さんはともかく、美穂子さんのように「痴漢に狙われやすい女性」はいるのでしょうか? 『男が痴漢になる理由』の著者で、性依存症者の治療に取り組んでいる斉藤章佳氏(大森榎本クリニック精神保健福祉部長)によると、狙われやすいタイプはやはりあるそうです。  それは「露出度の高い服」などとは関係ないそう。加害者は、「『おとなしそうで抵抗しなさそう』『警察沙汰にはしなさそう』なタイプを、その研ぎ澄ました嗅覚で本能的に選ぶ」というのです(女子SPA!2017.08.31のインタビューより)。美穂子さんに「君、痴漢に遭いやすいでしょう」と言った同僚も、その嗅覚を持っていたのでしょう。  もちろん被害者には何の落ち度もないのですが――。 【この記事もご参考に】痴漢の多くは「四大卒のサラリーマンで家庭持ち」。その驚きの実態とは <文/阿佐ヶ谷蘭子>
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ