Lifestyle

台風の時季に頭痛、ダルい、眠い…「気象病」の原因と改善法を医師に聞く

乗り物酔いしやすい人は注意

乗り物酔いしやすい人は注意 台風が来るといっても、何も感じない人がいます。気象病が起きやすい人と起きにくい人がいるのでしょうか。 「気象病は耳が敏感な人がなりやすい傾向があります。内耳には気圧の変化を感じるセンサーがあるので、耳の血流が悪いと症状がでやすいかもしれません」  乗り物酔いしやすい人は注意した方がいいそう。何か対策はあるのでしょうか? 「規則正しい生活を送り、自律神経のバランスを整えることが大事です。また、耳をマッサージするなどして、耳の血行を促すのも効果的です」 【佐藤先生直伝、簡単・くるくる耳マッサージ】 1. 耳を軽くつまみ、上・下・横に5秒ずつ引っぱる 2. そのまま後ろに向かってゆっくり5回まわす 3. 耳を折り曲げ、5秒間キープする 4. 耳全体を手で覆い、ゆっくり円を描くように後ろに向かって5回まわす ※朝・昼・晩、1日3回行う  9月~10月はまだまだ台風シーズン。気象病の症状が重い人は、ぜひ試してみてください。 <文/女子SPA!編集部> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ