Entertainment

元・ラブコメの人気女優、婚約から1年で破局。8年間の交際に終止符を打つ

 かつて「ロマンティック・コメディの女王」と呼ばれ大変な人気を博したメグ・ライアン(57)。しかし近年は、整形疑惑や不倫といったスキャンダルばかりが目立ち、すっかり「痛女優」に転落してしまったといわれている。  そんなメグについて、久々に明るい話題が持ち上がったのはちょうど1年前の11月。大物歌手ジョン・メレンキャンプ(68)と婚約したというニュースが報じられ、元祖ラブコメ女王が再び輝きを取り戻したかと思われたが……。婚約発表から約1年、2人が破局したと各メディアが伝えている。
メグ・ライアン

メグ・ライアン

 長い間、破局と復縁を繰り返しながらも2018年11月に婚約していた2人。しかし、メグがその8年間の交際にきっぱりと見切りを付けたと言われている。  関係者はUsウィークリー誌にこう話す。 「メグがもう耐えきれなくなり、婚約解消したんです。一切後悔はないようですね」  先日、メグが婚約指輪を付けていない姿が目撃され、2人の破局説が浮上していた。  現在68歳のジョンはかつて、「自分は気分屋で癇癪(かんしゃく)持ちの子どもみたいだから、女性に嫌われる」と語っていたが……。そんな子どもみたいな婚約者に、メグが愛想をつかしたのだろうか?

俳優デビューしたイケメン息子のことで頭が一杯?

 メグは以前、プロデューサーや監督としてのキャリアアップや、2人の子供のことで頭が一杯であるため、結婚は急いでいないと話していた。 「今はプロデューサー業に集中してるの。それに監督業に向けても力を入れようとしているし、友人たちと面白いネットショッピング業にも取り掛かっているわ」 「でも目を覚ましている1日の中での12時間は、子供たちの幸せばかりを考えてる。どうやって支えていけるか、どうやって言えば一番いいかとか、母親としての役割について色々考えてる。あの子たちに幸せになって欲しいから」  元夫デニス・クエイドとの間にできた息子ジャック・クエイドは現在27歳で、すでに俳優として活躍。
 またメグには、中国から受け入れた養子の娘がいる。その女の子はまだ15歳と未成年なので、母親として心配の種は多いのかもしれない。ただ、ジャックは俳優として着実にキャリアを積み、すでに一人の大人として自立しているので、頭がいっぱいになるほど心配する必要もないような気もするが。ちなみに、女優と熱愛中というジャックも、メグとジョンの婚約発表にとても喜んでいたとのことだ。

元夫は、息子より年下の恋人と婚約

 そのジャックの父親であるデニスについても、つい最近、幸せなニュースが伝えられた。なんと、現在65歳のデニスが、39歳下の恋人とスピード婚約したという。  ほんの数か月前にデニスが交際を始めたというその女性は現在26歳で、まだ大学生とのこと。つまり自分の息子よりも年下の女性と結婚することになる。この年の差に加え、デニスが4度目婚ということもあり、婚約のニュースはアメリカのみならず日本でも話題となった。  メグとデニスは、2001年に離婚。当初は、メグの不倫が原因で破たんしたといわれていた2人の結婚生活だが、のちにデニスの浮気がきっかけで夫婦に亀裂が入ったことが明らかになった。  デニスとの離婚が辛いものであったと認めつつも、それによってより良い人間になれたと以前話していたメグ。いまのところ仕事や子育てで充実しているようだし、必ずしも恋や結婚をしないと幸せになれないということもないだろう。  ただ、かつてラブコメで輝いていた時代のメグを知っていると、やはり恋に生きるメグの姿を見たいと思うファンもいるのではないだろうか。現在のパートナーと幸せな日々を送る息子や元夫に負けないように、またいつか恋する姿をみせてほしい。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ