Fashion

「なで肩、広い肩幅」を隠すニットの選び方。印象がガラッと変わる

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。ニットが活躍する季節、皆さんはもうお気に入りの1着を見つけましたか?
なで肩&肩幅広めさんに似合う冬ニット

写真はイメージです。

 しかしニットはコットン製のトップスと違って肉厚。いつもと同じようにきこなしたつもりでも肩幅がときにガッチリして見えたり、逆にだらしなく見えたりする場合があります。  その原因の多くはもしかすると肩幅のサイズに合っていないからかもしれません。そこで今回は、なで肩&肩幅広めさんに似合う冬のニットの選び方と、コーディネートについてご紹介します。

なで肩さんは「クルーネックニット」を選ぼう

なで肩さんに似合うのは「クルーネックニット」 なで肩さんは肩幅が狭く華奢なので、基本的にニットも合わせやすさを実感できることでしょう。しかし、最近のトレンドであるオーバーサイズのニットアイテムや幅広のVネックセーターなどはヨレやすく見た目からも“服に着られてる感”を与えるので気をつけて。  相性が良いのは程よく地厚な「クルーネックニット」。なで肩さんのラインを立体的にカバーしてくれるのでオススメです。地厚なニットなのでボトムはストレートタイプのパンツでシンプルにまとめると良さそうですね

肩幅広めさんは「ドロップショルダー」を選ぼう

肩幅広めさんに似合うのは「ドロップショルダー」 肩幅がしっかりしている方は、ピッタリとした着心地のニットは肩幅のラインをあらわにしてしまうのでオススメはできません。また、タートルネックや、オフタートルネックも肩のラインが目立ちやすいアイテムなので失敗を招きやすい傾向にあります……。  そんな肩幅広めさんが似合うニットを選ぶ際に注目してほしいポイントが「ドロップショルダー」であるかどうかです。ドロップショルダーは本来の肩の位置よりズレたところに肩線の切り返しがあるため、着用すると肩に自然な女性らしい丸みのあるラインを生み出します。なので、肩幅が張ったような印象を与えることなくすっきりと上手にニットを着こなすことができるはず。  着こなしとしては、適度に引き締め感のあるタイトスカートがオススメ。

体型を活かして上手にコーディネートを

 コーディネートを組む上で大事なのは自分の体型を上手に活かせるスタイリングをすることです。なで肩さんはだらしなく見せるような着こなしは避け、立体的なフォルムを意識して。肩幅広めさんは肩幅のがっしり感をカバーしつつ、女性らしいフォルムを意識すると良いでしょう。  ぜひ、似合うトップスのポイントを参考にお買い物を楽しんでみてくださいね。 <文&イラスト/角 佑宇子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
角 佑宇子
(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105
Cxense Recommend widget
【ファッションのお悩み募集!】
ファッションスタイリスト&ライターの角侑子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらのお問い合わせフォームまで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【ファッション相談】を入れ、お送りください。コーディネートのこと、体型カバーのことなど、ファッションに関することであれば何でもOKです。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ