Love

隠したつもりでも分かる他のオンナの気配。彼の鞄に入っていたのは…

彼の荷物から出てきたピンク色の紙袋

ピンクの紙袋「まず、出張だと言っていたのに荷物が少な過ぎるんですよね。いつもなら出張の荷物が散らかしっぱなしになっているのに、あるのは夫が普段仕事で使っているビジネスバッグのみ。なんかおかしいな……と思っていると、開けっ放しのビジネスバッグから何やらピンク色のものがはみ出していたんです。夫はそのときシャワーを浴びていたので、何気なくそのピンクの物体を取り出してみました。  なんと、それは100円ショップとかで売られていそうなピンクのレース柄の紙袋。その中にはキレイに畳まれた夫のパンツと靴下が入っていたんです。その時、ピンと来たんです。これは浮気相手の家に泊まったなと」  そして、シャワーから出た夫を真梨恵さんはすぐに問い詰めました。

プレゼントした勝負パンツで他のオンナのもとへ

「予感はビンゴでした。昨晩は浮気相手の家に泊まっていて、パンツと靴下は前回泊まったときに夫がオンナの家に置いていったのを洗濯して返ってきたものでした。なぜそれがすぐに分かったかというと、パンツは私がバレンタインにあげたブランド物だったんです。普段は下着にまったくお金をかけない夫に、私とのデートに着てもらうためにあげた勝負パンツ。それを他のオンナと会うために履いて行ったのか! と、思うと怒りが治まりませんでしたね……。すぐにそのオンナに連絡させてきっちり別れてもらいましたよ!」  それから数年後、真梨恵さんの妊娠をきっかけに2人は結婚。「結婚してからは浮気はしていないと思う」と語る真梨恵さんですが……。 「真面目になったというよりは、浮気の証拠を隠すのが面倒くさくなったいう感じでしょうね。でも、浮気の証拠を見つけるのってなんだか楽しいんですよ。何度も浮気されても別れなかったのは、浅はかな旦那を問い詰めるのが楽しかったのかもしれませんね(笑)」  証拠を見つけるのが楽しいのかはさておき、なかなかドSな真梨恵さん。今頃、旦那さんはあのCMを見て苦い記憶を思い出しているかもしれませんね(笑)。 <文/カワノアユミ>
カワノアユミ
東京都出身。20代を歌舞伎町で過ごす、元キャバ嬢ライター。裏モノ・夜ネタを主に執筆。アジアの日本人キャバクラに潜入就職した著書『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)が発売中。ツイッターアカウントは@ayumikawano
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ