Love

東出の不倫で考える。夫婦の恋は冷めるのに、不倫は悪なのか?

以前と同じ関係性には絶対に戻れない

 これほどのバッシングを受けた東出氏が俳優としてどのように復帰できるかは未知ですが、罪を犯した者もその罪を償い心改めたのなら社会復帰できる社会であってほしいと思います。(不倫は民法上の罪であり、刑法では処罰の対象ではないということも忘れてはなりません) 愛情があれば今後も一緒に生活していける そして、家庭に戻れるかですが、以前のような関係性には絶対になれません。形として家庭に戻れたとしても、その時は関わる者全てが思考を変えていかなければなりません。みんなにその気持ちがあるか。不倫した男だけが悪いという二元論では話が進みません。憎くて苦しくても、何か一抹の愛情があれば、相手を許し一緒に生活していくことが多いみたいです。  離婚という選択を避けたいがために、意地になって継続という選択をする必要はありません。離婚は、出来る限り最良の人生にするための選択であり、今回のケースで言えば当然とも言えます。ただ、一度愛した人を憎みながら生きていくのもツラいものです。罪を憎んで人を憎まずの境地になるには時間がかかるでしょうが、不倫をされて1番傷ついた妻が今後の人生で1番幸せになる選択をしていってほしいと思うのが、杏ちゃんファンである一個人の本音です。それにしても東出は自己愛が過ぎる。
森林原人さん

森林原人さん

<文/森林原人> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【相談者を募集!】 森林原人さんに悩みを相談したい方は、女子SPA!のお問い合わせフォームまで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【性活相談】を入れ、お送りください。 ※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。
森林原人
1979年生まれ。1999年にAV男優デビュー。出演本数1万本。経験人数9千人。セックスの虜になり道を踏み外したと思われているが、本人は生きる道を見つけられたとむしろ感謝している。著書に「イケるSEX」(扶桑社)他。性と向き合い、性を知り、性を楽しむためのサイト「リビドーリブ」とオンラインサロン「森林公園」を運営。★Twitter(@AVmoribayashi
1
2
3
4
Cxense Recommend widget
イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」が書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.


あなたにおすすめ