Entertainment

お騒がせセレブが自伝本を出版。美容整形、性的虐待を赤裸々告白

 売れっ子歌手として活躍したのち、自身が立ち上げたファッションブランドで大成功し、私生活では3人の子供にも恵まれたジェシカ・シンプソン(39)。はたから見ればなんとも勝ち組な人生を歩いているようにみえるが、今月発売された自伝本で様々な苦悩や問題を抱えていたことを告白している。  幼いころに受けた性的虐待、薬物やアルコール依存、さらに腹部の美容整形手術を受けて危険な状態に陥ったことなど、これまで知られていなかった過去が赤裸々に明かされている。
ジェシカ・シンプソン

ジェシカ・シンプソン

医師の忠告を無視して美容整形手術

 現在7歳と6歳、10か月の子供がいるジェシカ。2人目を出産した2015年、産後の体型に満足できなかったことで、医師の忠告を押し切り、腹部の美容整形手術を決めたそうだ。  現地時間2月4日に発売された自伝本『オープン・ブック』にジェシカはこう綴る。 「手術は痩せるためのものではありませんでした。その手術を考えていた時の私の体重は107ポンド(約49キロ)でしたから。続いた妊娠によってたるんだ皮膚と妊娠線を失くしたかったのです」  だが、手術の2週間前、手術を思いとどまるよう医師から忠告を受けたそうだ。 「彼は率直に話してくれました」 「私を担当していた美容整形外科医は、2週間の間に、手術を承認することができたと思います。でも、そうはしませんでした」  その医師は、「死に至る可能性もある」と警告したうえで、肝臓の状態などに懸念を示したそうだ。そして、アルコールや薬物などを含め、「3か月間は全てのことをストップするように」とジェシカに忠告したという。  こうした医師の忠告も意に介さず、結局、腹部の整形手術を2度うけたジェシカ。当時をこう振りかえる。 「準備のためにお酒を止めましたが、始まりから何かがおかしい方向に向かう感じがしていました」  手術にはかなりの時間がかかった上、術後も散々だったという。 「(手術が終わった後)大腸炎に感染しました。たくさん吐いて、縫合が破裂するんじゃないかと思いました」  その後、病院に担ぎ込まれ、9日間入院することにジェシカ。医師団は輸血の可能性についても考慮していたというが、幸いそこまでには至らなったそうだ。そこから回復し、自分自身を取り戻した今、こう語る。 「皆さんに言えることは、美容整形は自分の内面を治してくれるものではない、ということ。手術の後、自分を追い詰めたこともありました。術後にも葛藤があったのです」

勝ち組人生の裏にあった苦悩

 10代から歌手活動をはじめ、デビュー時には「21世紀のマライア・キャリー」として大々的に売り出されたジェシカ。リリースした曲やアルバムは次々とヒットし、人気歌手となった一方、私生活では若くしてミュージシャンのニック・ラシェイと結婚した。  ニックとの新婚生活を描いたリアリティ番組に出演したジェシカは、番組で見せるその天然なキャラクターがお茶の間に受けて、またしても大ブレーク。その後ニックと離婚し、一時は人気が低迷したかに思われたが、2007年に立ち上げた自身のファッションブランドが売れて、実業家として大成功をおさめている。
 私生活でも元NFL選手のエリック・ジョンソンと再婚し、3人の子供にも恵まれた超勝ち組セレブのジェシカ。しかし、『オープン・ブック』ではドラッグやアルコールの依存症だったこと、幼いころに受けた性的虐待にも言及している。  本によると、ジェシカは6歳のころより、家族ぐるみで付き合っていた知人から性的虐待を受け続けていたという。あるとき勇気を振り絞り、両親に性的虐待について打ち明けたことで、その知人と接触することもなくなったという。  しかしその後、歌手デビューのときにやせるように命じられ、ダイエット・ピルを飲み始めたことがきっかけで、ダイエット・ピルの依存症に。さらに仕事のプレッシャーなども加わり、アルコールにも依存するようになったという。  実はほんの数年前まで、アルコール依存症だったというジェシカ。しかし、2017年に断酒を決行、治療も受けて酒と薬物の依存症を克服した。  セラピーを受ける中で、依存症になった原因が、幼いころの性的虐待のトラウマによるものだったと気が付いたというジェシカ。「禁酒よりも、過去のトラウマと向き合うセラピーのほうが大変だった」と振り返っている。

3人目の出産後、半年で45キロ減!

 さて、現在10カ月になる赤ちゃんがいるジェシカ。長女と長男を妊娠したときと同じように、3人目の妊娠でも体重がかなり増えてしまったという。トイレのふたに寄り掛かったところ、その重みが原因で壊れてしまったこともあったそうだ。
 そのため、3人目を出産後、すぐさまダイエットを開始。しかしそのときジェシカが行ったのは、自伝本に書かれていたような整形手術よりも、かなりシンプルな方法。  ジムに通ったほか「1日1万2000歩ウォーキング」「質の高い睡眠をとる」「砂糖が入ったものは食べない」といった3つのルールをストイックに実行したのだとか。その結果、半年で45kgも減量に成功したという。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部> 
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ