Beauty
Lifestyle

「24時間営業の格安ジム」には要注意、失敗しないスポーツジムの選び方

 柔道整復師/パーソナルトレーナーのヒラガコージです。  春は新しい生活になる人も多いこともあってスポーツジムの入会率が高まるシーズンです。「そろそろ通ってみようかな?」と考えている方に向け、なるべく継続して結果を出すためのスポーツジムの選び方をご紹介します。
パーソナルトレーナーのヒラガコージさん

パーソナルトレーナーのヒラガコージさん

1. ネームバリューよりも自宅からの距離

 都心には様々なタイプのスポーツジムがあります。著名人や有名トレーナーのプロデュースだったり、最新テクノロジーを駆使する新ジャンルのジムだったり一見気を引くようなものが多いですが、スポーツジムで重要なのは通い続けて習慣化することです。  これを考えると仕事の日でもお休みの日でも変わることのない自宅から距離感が近い方が実際に通いやすい傾向になります。実際にジムでお客様に伺うと「会社の合間時間で来たいから」とお話しされた方のお顔は早くに見なくなりますが、「自宅が近いから」を理由にいらした方の方がよく続いています。  近年は様々な形態のジムが増えたことで、施設数が急増しています。まずは自宅からの距離から選定の基準を定めていきましょう。
1. ネームバリューよりも自宅からの距離

写真はイメージです(以下同)

2. 意外と大事な「水回り」

 スポーツジムは運動するところ…ではありますが、ほどんどの方がかいた汗をシャワーやお風呂で流してから帰るはずです。築年数が経過するとシャワールームなどの水回りの経年劣化は顕著です。  ネットなどのイメージ画像は大抵がオープン当初の綺麗だった頃のものが多いですし、施設見学を希望しても利用者への配慮からロッカーやシャワールームの見学は不可能なところが多いです。  可能な限り実際に体験利用をしてシャワーやお風呂のスペックを事前に確認した上で契約に進めた方が良いでしょう。
次のページ 
3つ目は?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ