Entertainment

人気女性歌手、コンサートでブラだけの姿をあえて公開。その想いとは?

 まだ18歳という若さながら、世界最高峰の音楽賞であるグラミー賞で5部門を制したビリー・アイリッシュ。新進気鋭の歌手として大きな注目を集める一方、ダボダボな服を巧みに着こなすファッショニスタとしても知られている。普段はダボっとした服装で体をカバーしているビリーだが、このたび開始したツアーで服を脱ぎ捨てる動画を公開した。

着ている服を一枚ずつ脱ぎ、最後は……

ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ

「自身のすべてを人々に知られたくない」という理由で、オーバーサイズな服を好んで着ていると以前明かしていたビリー。  ワールドツアー開始にあたり、マイアミで行われたコンサートにて、あるビデオメッセ-ジを公開した。会場の大画面に映しだされた映像のなかで、ビリーはこう語りかけた。 「自分にとって心地よく、ゆったりした服を着れば女とみなされない。でも、薄着になれば、軽い女といわれる」 「私の身体を見たことなんてないのに、着ているもので私を評価し、決めつける。どうして?」 「私たちは体のサイズを基準にして、誰かのことについて、あれこれ勝手に決めつける。彼らがどんな人で、どんな価値があるのか。もし私がもっと厚着をしたら、もし私がもっと薄着をしたら、それで私のことがわかるっていうの?」  ライブ終盤に流されたという動画の中で、ビリーはこう語り続けながら、着ている服を一枚ずつ脱ぎ、最後はブラのみに。そして、黒い液体の中に沈み、視界から消えると、ファンの歓声がこだました。  普段は露出度が極端に少ない服装をしているビリーが、あえて服を脱ぎ肌を見せたのは、かつて自分を悩ませた「ボディ・シェイミング(体形批判)」に非難の声を上げるためだったのだ。

体を見たこともない人が、意見を言う資格なんてない

 ビリーは昨年、自身のファッションについてこう話していた。 「(見た目で判断されたくないから)ゆったりした服を着ているの。まともに体を見たこともない人が、意見を言う資格なんてない。細いけど出ているところは出ているとか、そうでないとか、お尻がぺったんこだとか、大きいとか、知らない人が何言ってるんだか」 「私が男でゆったりした服を着ていたら、誰も注目なんてしない」 「『女の子らしい服を着なさい! タイトな服を着ればずっと可愛くなるし、仕事だってもっとうまくいく!』だって。いくわけないって。いや本当に」  そもそも、体形や服装という外見的な部分だけで、人を判断することはおかしいというメッセージを今回改めてファンに投げかけたビリー。ボーイッシュな服装をしているからといって、女性らしい服装を批判するつもりは全くなく、単純に「自分が着たいものを着ているだけ」と過去のインタビューで語っている。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ