Lifestyle

コロナでお客さんから「アホ」「死ね」。ホテル従業員の叫び

「コロナで大変なのは同じなのに、すごいひどいこと言ってくる人が多くて、病みそう。ストレスで胃が痛い……」
仕事で悩む女性

写真はイメージです(以下同じ)

 そう話すのは、高級ホテルチェーンの関西エリアで働く、サユリさん(26歳・仮名)。最近、ドラッグストアなどで働く人々の「申し訳ありませんばかりで疲れてしまった」という悲痛な訴えをSNS等で見かけることも少なくありませんが、ホテルでも状況は変わらないようです。  訪日客が激減したため、大阪市内主要13ホテルの2020年2月の平均客室稼働率は大幅に下落し、稼働率は68.3%と前年同月と比べて22.2ポイントも低下するなど、ホテル業界も大打撃を受けているのです。 「コロナの影響で凄い損害になって、上司はピリピリしてイラオコだし、お客さんからは毎日ひどい言葉を言われ続けるし、本当にひどい状態なんです」と、現場のリアルを教えてくれました。

「これだから日本人は嫌いだ」と言われた

「うちのホテル、3月31日までの宿泊で即時決済・返金不可のプランでされた予約については、キャンセルポリシーで中国・香港・台湾・サウジアラビア・韓国・イタリアのゲストしか無料キャンセルを受けてなくて。  で、それ以外の国からは無料キャンセルを受けれないから、キャンセルされる場合は宿泊料100%チャージしますよって言ったら、ばり怒られるんです」  怒ってくるのは、日本人だけではないのだとか。サユリさんが規定を説明すると、日本人からは「意味が分からないんだけど!?」、海外のお客さんからは「これだから日本人は嫌いだ」と言われたこともあるのだそうです。 「本当にやむを得ない事情があるお客様については、こっそり返金処理をしてあげたりするんですけど、してあげたらあげたで今は上が細かくてうるさいんですよ。まさに板挟みです」と、やりきれなさをにじませます。

「アホ」「バカ」「死ね」暴言の数々

ホテルのロビー「今はスタンダードルームが1名あたり2万円くらい。(サユリさんが働くホテルからすると)安い時期ではあるけど、連泊だったり、家族で来てたりすると、すごい金額になるし怒るのもわからなくはないんですけどね。それでも、みんなお金が絡むとこんなに感じ悪くなるのかって」  同僚も状況は変わらないというサユリさんに、どんなことを言われているのか聞いてみると…… 「普通にアホとかバカとか死ねとか。もはや暴言じゃないですか!?」  理性のある大人が発するとは思えない暴言の数々ですが、ストレスの原因は、それだけにとどまりません。

コロナによる損害で、リストラの危機

「日頃は98%くらいの稼働率なんですけど、今は30%くらい。だから人件費を減らせって上が言ってて、最悪リストラの危機なんです……」  日々浴びせられる心無い言葉、追い打ちをかけるかのように畳みかけるリストラの恐怖、そして「娯楽も減って心がすさみっぱなし」とやり場のないストレスも抱え続けています。  冒頭でサユリさんが言っていたように「大変なのは同じはず」。「ウイルスよりも人間が怖い」「電話が鳴るだけでお腹が痛い」なんて言わせてしまわないよう、こんな時だからこそ、お互いを思いやった行動をしていきたいものです。 ※日本経済新聞社がまとめた大阪市内主要13ホテルの2020年2月の平均客室稼働率より <文/女子SPA!編集部> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ