Entertainment

チュート徳井の活動再開に、世間が結構やさしい3つの理由

 彼の同世代で代わりになりそうな芸人を見回してもすぐに思い浮かびません。徳井さんの穴埋めとして起用された面々はしっかり仕事をこなしてはいますが、代わりになるかといえば首を傾げざるをえないところがあります。 『ダブルベッド』(TBS系)で徳井さんの代役を務めている小杉さんも、『バイキング』(フジテレビ系)にて「(徳井を番組に)戻す気満々なんでしょうね、おしゃれなシルクのパジャマが徳井のサイズやから、前(のボタン)がとまらないんですよ」と言及。このことから、番組サイドからも復帰を待望されていることがわかります。
 また、「支払いを放置していたら電気や水道を止められた」「DVDを返却せず放置してしまい後日多額の延滞金を払った」というエピソードや、44歳で数々の女性と浮名を流しつつも結婚をせず友人と同居をしているなど、年相応でないだらしなさの印象がもともとあったことも、周囲から「彼なら仕方ない」と思わせた一因でしょう。

【3】「気持ちはわかる……」ルーズなダメ人間たちからの支持

 申告漏れ発覚当時、徳井さんが世間から非難を浴びていた一方で、擁護の声も一部で上がっていました。  とあるサイトの掲示板では、“徳井のことを馬鹿にできない人”というトピックが賑わいを見せ、SNSでも「請求書提出など、やれば自分にとってメリットがあることでも雑務が出来ない人もいる」「手続き関係が面倒すぎていつも期限ギリギリ」というつぶやきもあり、多くのRTやイイね!がつけられていました。好意的な反応した人の中には、コメンテーターとして活躍する医師や売れっ子のライターさんもいます。
 3年も無申告だったことは、真面目に国民の義務を果たしている人たちから見たら異常で、本人の「想像を絶するルーズさ」という表現も頷けます。ただ、世の中には「重要なメールでも返信が遅い」「約束に必ず遅れて来る」「催促をしないと書類を提出してくれない」というようなルーズな人が誰の周りにも存在するのは事実です。  また、確定申告をしない会社員などの中には、納税システムに疎いためか「徳井さんの罪の重さがよくわからない」という声も。  薬物や暴力沙汰とは違い、“何もしなかったゆえの罪”で問題になった徳井さん。世に生息する多くのルーズな人たちが他人ごとではないと共感・同情しているのではないでしょうか。 ※ ※ ※    舞台復帰からはじまり、3月18日には後輩たちと生配信番組にも出演。近日中には謹慎中のレギュラー番組にも復帰するという噂もあります。  ただ、好意的な反応が多いと言えど、納税義務を怠った罪は重大です。ファンたちの温かい声におごらず、復帰前以上の活躍を見せてほしいですね。 <文/小政りょう>
小政りょう
映画・テレビの制作会社等に出入りもするライター。趣味は陸上競技観戦
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ