峰なゆか「下の毛ボーボーで20代を過ごしたのが悔しい!」

 週刊SPA!人気連載『アラサーちゃん』の作者・峰なゆかさんがアンダーヘア脱毛に挑戦中だと記事でご紹介しましたが、つい先日“目の下の脂肪取り”も経験したそう。この分野の先駆者である高須クリニックの高須克弥院長(http://www.takasu.co.jp/)と峰さんの整形対談をお届けします。

⇒【前編】整形の何が悪い?美人マンガ家・峰なゆかは『やってよかった!』 http://joshi-spa.jp/310704

「美人になる」整形と「若返る」整形は別物



:今は男の人でもアンチエイジングに興味があったり、じつは整形経験者だという人が増えてきましたよね。

高須:いつまでも若く美しくいるのは基本的人権ですから。かつてはよほどのお金持ちか、芸能人でもない限り、整形手術なんて高くてできなかったけど、今は値段も手頃になり、一般の人でも手が届くようになっている。

だからなおさら、やってみようかという人が増えているんだと思います。ただ、求めるのが「若さ」なのか「美しさ」なのかで手術が違うので、気をつけたいですね。

高須克弥氏と峰なゆかさん:若さと美しさを混同してしまうケースはけっこうあるものですか。

高須:ありますよ。若返り手術を希望していた、ある60代の女性に「手術をしたら、きれいになりますか」と聞かれ、「なりますよ」と答えたら、手術後に激怒されたことがあります。「全然きれいになってないじゃないか!」と。でも、シミやシワをとって若返らせることと、顔のつくりを変えて“美人”にするのは、全然別の施術ですから。

:切ない……。

高須:「最初に言ってくれたら、両方やってもらえるようお願いしたのに!」と叱られたけど、全然別物なんです。カリスマ美容師のところに行って、「ハゲを治してくれ」と言ってもしかたがないのと同じですね。

 いつのタイミングで、どの程度の“仕立て直し”をするのかは、個人の価値観によるところも大きい。ただ、加齢で垂れ下がってしまったまぶたや、垂れてさがってしまったバストや乳首など、美容整形手術でなければ治せないものも確実にあります。これらはどんなに必死にマッサージやトレーニングしても、元には戻らない。

娘ができたら脱毛・整形貯金をしておきます



下の毛ボーボー:私自身はアンダーヘアの脱毛も、目元の美容整形も最近のことなので、早くやっておけばよかったと今になって思います。どうしてあんなムダ毛ボーボーの20代を過ごしちゃったんだろう……。

 将来、娘を産むことがあったら、その子が思春期になるまでに脱毛費用を貯めておいてあげたい。

高須:子どもには子どもの好みがあるだろうから、「お母さん、わたしは“ジャングル”がいいの」といわれたら、尊重してあげてくださいね。

:えー、ジャングル希望ですか! まあ、本人の希望に任せますが、したければ「歯並びの矯正」と「アンダーヘアの脱毛」「一重を二重にするための手術」をできるぐらいの“娘貯金”を用意しておきます!

【峰なゆかさん・プロフィール】
漫画家。アラサー世代の女性の恋愛観、SEX観を冷静に分析した作風が共感を呼び各誌で活躍中。「アラサーちゃん 無修正」(1~3巻、以下続刊)は累計40万部を超す人気作となり、14年7月には壇蜜主演でテレビドラマ化された。
アラサーちゃん 無修正4』が2015年8月2日に発売

【高須克弥氏・プロフィール】
1945年生まれ、医学博士。メディアでもお馴染みの、美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。『その健康法では「早死に」する!』『最新版 シミ・しわ・たるみを自分で治す本』など著書多数
高須クリニックhttp://www.takasu.co.jp/
参考:デリケートゾーンの悩み専用サイト「アクティブヘルス」http://www.active-health.jp/

<TEXT/島影真奈美>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

アラサーちゃん 無修正 4

シリーズ累計50万部突破の人気コミック、激動の第4弾!

峰なゆか
締まり・色・形…アソコを変えたい女性たち…
高須院長と峰なゆか
「ちつトレ」でホントに締まりはよくなるか…
高須院長
そうだったの!?「脱毛ビジネス」のウラ側…
脱げるお肌
“脱げるお肌”の準備してる?脱毛は9月以…
ビューティ
sponsored
今度は私から彼のにキスをしました
急に冷たくなった彼…占いで判明した意外な…
ラブ
sponsored
ハピライズ
1年以内に結婚できる!?ゼロ円でできるガ…
ラブ
sponsored
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse