Lifestyle

2歳未満のマスクは危険。じゃあ2歳以上は?医師に聞いた驚きのリスク

 新型コロナウイルスの影響により、いまや日常生活に欠かせないものとなっているマスク。そんななか、日本小児科医会は5月25日に「2歳未満の子どもにマスクの着用は不要で、むしろ危険」との声明を発表しました。  小さな子どもを持つ親からは「2歳以上なら安全なの?」「フェイスシールドは?」など、戸惑いの声も聞こえてきます。  そこで今回は同医会に所属する細部小児科クリニック院長・細部千晴先生に、子どものマスクについて話を聞いてみました。

「2歳未満にマスクは危険」声明の内容

日本小児科医会が公式サイトに掲載したリーフレット

日本小児科医会が公式サイトに掲載したリーフレット

 日本小児科医会が発表した「2歳未満のマスク使用」によるリスクは以下のとおりです。 ・乳児の呼吸器の空気の通り道は狭いので、マスクは呼吸をしにくくさせ呼吸や心臓への負担になる ・マスクそのものやおう吐物による窒息のリスクが高まる ・マスクによって熱がこもり熱中症のリスクが高まる ・顔色や口唇色、表情の変化など、体調異変への気づきが遅れるなど乳児に対する影響が心配される  また、世界の状況から、下記のようなこともわかってきたとされています。 ・子どもが感染することは少なく、ほとんどが同居する家族からの感染である ・子どもの重症例はきわめて少ない ・学校、幼稚園や保育所におけるクラスター(集団)発生はほとんどない ・感染した母親の妊娠・分娩でも母子ともに重症化の報告はなく、母子感染はまれ

2歳以上のマスク使用にも注意が必要

マスク 赤ちゃん

写真はイメージです(以下、同)

――小さな子どものマスクによるリスクについて、具体的に教えてください。 細部千晴先生(以下、細部):子どもは体温調節をする機能、つまり汗をかく機能が未熟なので、大人よりも体温を下げるまでに時間がかかります。子どもの呼吸が早いのは体温調節のためでもあるのですが、それをマスクで妨げてしまうと熱中症のリスクになります。それに、身体が小さいので地面からの照り返しも強く受けやすいです。  また、マスクを着けていると子どもの顔色・表情が非常にわかりづらくなってしまいます。子供の熱中症の症状は急変しますし、処置が遅れると手遅れにもなりかねません。ボーッとしているように見えるのが、ただ眠いだけなのか、意識障害なのか、ただでさえ判別が難しいのに、マスクをつけていたらなおさらです。 ――今回の声明では、なぜ「2歳未満のマスクが危険」とされているのでしょうか? 細部:子どものマスクについて、日本でのエビデンスはまだありません。今回の声明は米疾病予防センター(CDC)やアメリカ小児学会(APP)がすでに出していた同様の警告に準じて出されたものだと思われます。 ――2歳以上のマスク使用についてはどのように考えますか? 細部:2歳以上だからといって、先ほど言ったようなリスクが無くなるわけではなく、同じようなリスクがあると考えてください。大人のマスク使用は他人に飛沫を飛ばさないための咳エチケットや、自分の目鼻口を触らないようにするためにとても有効です。  多くの小児科医は、「子どもにマスクは不要。咳エチケットのみで十分」と言っています。それに、マスクを大人しくつけてくれる2歳児、3歳児がどれだけいるか……。はたしてマスクとして正しい付け方になるかというと、正直難しいのではないかと思います。  スポーツ省も「学校の体育の授業におけるマスクの着用は不要である」と声明を出しましたが、外で運動するなど、汗をかくような状況でつけるのは2歳以上であっても避けたほうがいいでしょう。特に布マスクは水分を吸収すると目詰まりして呼吸が苦しくなります。
次のページ 
赤ちゃんへのフェイスシールド「命の危険も」!
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ