Lifestyle

コロナで“夜の街”の女性がどん底生活に。ウーバーイーツを始める嬢も…

「夜の街」に異変!ウーバーイーツで稼ぐ吉原嬢も

「風俗産業はコロナ騒動で壊滅的な状況に陥りました。看板を下ろす店や、プレイ料金を半額くらいまで値下げするケースも続出している。吉原で働く風俗嬢には、ウーバーイーツで自転車をこぎ始めたコもいるそうです」  そう語るのは「夜の街」事情に明るいライター・高木瑞穂氏。生活苦にあえぐのはキャバクラなどの水商売に従事する女性も同様だ。 「“働きたくても働けない”と嘆く声がキャバ嬢から出るようになりました。今はどこも客足が平常時の半分以下。店としては出勤調整をかけ、女のコに支払う給料を極限まで落としている。時給自体を下げている店も多いです」

パパ活を持ちかける女性もいるが飽和状態…

 もう店には頼っていられないとばかりに、自力で営業を行うケースも増えた。常連客に片っ端からメールを送り、パパ活を持ちかけるのだ。しかし、そもそもパパ活市場が飽和状態なうえ、この時期に濃厚接触の誘いに乗ってくる男性は多くないという。 「岡村隆史さんの『コロナが明けたら美人さんが風俗嬢やります』という発言が炎上しましたけど、実際、あれは事実なんです。ここから一気に増えると思います。ただし、そこで実際に女のコが稼げるかといったら別の話。自分の客をきちんと引っ張れる強い女性だけが稼げる世界になりますね」  かつては「弱者にとって最後のセーフティネット」と呼ばれたナイトワークだが、コロナでそうも言ってられなくなったようだ。 【高木瑞穂氏】 ノンフィクションライター。月刊誌編集長、週刊誌記者を経てフリーに。主に社会・風俗の犯罪事件を取材・執筆している ―「コロナ貧困女性」号泣ルポ― <取材・文/週刊SPA!編集部>
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ