Entertainment

フワちゃん『徹子の部屋』でゴネる!黒柳徹子VSタメ口キャラ 4戦

 人気YouTuberとして活躍中のお笑い芸人・フワちゃんが7月10日に「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演を果たしました。  番組の司会である黒柳徹子といえば、芸能界の最重鎮ともいえる存在。その彼女に対して、タメ口失礼キャラがウリのフワちゃんがどうカラんでいくのか?!世間の注目が集まっていました。

フワちゃんは黒柳徹子の著書「窓ぎわのトットちゃん」の大ファン

 しかし、フタを開けてみればフワちゃんはもともと黒柳徹子の著書である「窓ぎわのトットちゃん」の大ファン。強い共感を覚えたという本作を「人生の本」とたたえる率直な想いには徹子もご満悦だった模様。  呼び方も彼女なら「徹子」といきそうなところを「トットちゃん」と変化球にした点に、フワちゃんの地頭の良さがうかがえました。  エンディングでは「帰りたくない!」とゴネだすフワちゃんに、徹子が「帰らないと」とさとしてくる一場面も。さらに放送中も自身のツイッターで番組を実況し、「この世でいちばんかわいいひと」とあふれる徹子愛を惜しみなく公開。周囲の心配をよそに、非常にハートフルで楽しい放送回となったようです。 「徹子の部屋」には、これまでも芸能界屈指のタメ口キャラが何度か出演しています。その度に「黒柳徹子VSタメ口キャラ」の構図に注目が集まるのですが、過去にはいったいどんな対決が繰り広げられたのでしょうか。今回は番組で強烈なインパクトを残した3名の女性芸能人をピックアップしてみました。

二度の登場で世間をザワつかせたローラ

 元祖・タメ口ハーフタレントといえば、最近事務所を退社して新たな道を歩き始めたローラ。「徹子の部屋」には過去に二回登場しています。  初出演は彼女がブレイクを果たした後の2012年。「いくつに見えますか?」という合コンでの常套句のような徹子の質問に対し、ローラは「えー、39歳かと思った」とサラリと言ってのけたのです。  これを皮切りに「(徹子は)ウサギちゃんみたーい」「パンダみたい」「(ローラが生後11か月の時に徹子が故郷のバングラディッシュに来てたことを)全然知らなかったー」など、トーク中もローラ・ワールドが炸裂(さくれつ)。  最終的には「芸能界すごいおもしろい。徹子さんは?」「おもしろいわよ」という妙なやり取りで番組終了。さすがの徹子もいつものペースを乱されてタジタジに見えました。
次のページ 
「てつぽよ」とあだ名をつけた藤田ニコル
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ