Lifestyle

志高い獣医さんは“にゃんこにデレデレ”。サビ猫「らいむ」との出会いは突然

血液検査を年1度してほしいわけ

 そんなユウさんが世の飼い主さんに願うのは、「動物の1年を大切に考えること」。犬猫の寿命は人間の約5分の1。それは言い換えてみれば、犬猫にとっての1年の価値は、人間にとっての5年分の価値であるということ。 「例えば、去年、血液検査したから今年はやらなくていいだろう……と思う方もいるかもしれませんが、犬猫が人間の5倍速で歳を重ねると考えたら、1年に一度検査をしたほうがいいと思えるはず。よく『高齢であと2~3年の命だから手術はしない』と言われる方もいますが、犬猫にとっての2~3年は人間にとって10~15年。10~15年手術をしてもらえず、痛みを抱えたまま生涯を終える辛さを想像してほしいです」  動物はしゃべることができない。だからこそ、飼い主が動物の気持ちや痛みを汲み取ってあげ、1年の価値に目を向けてあげてほしい。そんな祈りを持ち続けるユウさんは、人と動物両方の心を気遣い、双方の絆を取り持ってもくれる獣医師。  3匹の愛猫たちと愛し合いながら、今後もどんなめざましい活躍を見せてくれるのか楽しみです。 <文/愛玩動物飼養管理士・古川諭香> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
古川諭香
愛玩動物飼養管理士・キャットケアスペシャリスト。3匹の愛猫と生活中の猫バカライター。共著『バズにゃん』、Twitter:@yunc24291
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ