Lifestyle

1匹のサビ猫と出会って保護猫カフェを開業。“猫助け”への思い

〇〇さん家の猫がかわいすぎる Vol.17】  1匹の猫との出会いが、人生を大きく変える……。そんな経験をしたのは愛知県一宮市で保護猫カフェを営んでいる、岡田朋美さん。岡田さんは愛猫のちぇりーちゃんと出会ったことにより「動物の殺処分という悲しい現実をなんとかしたい」と思うようになり、保護猫カフェをオープンさせました。
岡田さんの愛猫・ちぇりーちゃん

岡田さんの愛猫・ちぇりーちゃん

生後2か月のサビ猫に一目ぼれ

 今から五年前、とある保護猫カフェを訪れた岡田さんは、生後2か月ほどのサビ猫の虜に。 「そのとき、お店には10匹くらい猫がいたんですが、たぬきみたいな小さなサビ猫が膝の上に乗ってきてくれて」  一目ぼれした岡田さんは子猫を家族として迎え入れ「ちぇりー」という名前を贈りました。しかし、里親になる過程で知った、毎日多くの動物が殺処分されているという悲しい現実が頭から消えず……。 「年間の殺処件数の多さに驚き、ちぇりーも保護されていなかったら殺処分されていたかもしれないと考えたら、ゾッとしました」  殺処分を減らすため、自分にできることはなんだろう――。そう考え抜いた末、思いついたのが保護猫カフェを作ること。こうして誕生したのが、保護猫カフェ「ねこぱんち」。 「ちぇりーがいなければ、こんなにたくさんの猫の命を救ったり、お客さんの笑顔を見たりすることなんてできませんでした。たくさんの人との繋がりができたのも、ちぇりーのおかげなので、本当に感謝しています」

ツンデレな愛猫に振り回される、幸せな毎日

 岡田さんの人生を一変させたちぇりーちゃんは、実は愛くるしい見た目からは想像できないほどのツンデレ女子。
マイペースで賢く、いつも岡田さんを翻弄しているとか

マイペースで賢く、いつも岡田さんを翻弄しているとか

おやつタイムにはちゃっかりとした一面を見せ、人間を掌で転がすこともあるよう。 「ちぇりーは猫用おやつの『ちゅ~る』が大好き。でも、貰えるまでは甘えてくれるんですが、食べ終わるとすぐにどこかへ行ってしまうんです。どの猫もそうかもしれませんが、ちぇりーはあからさますぎて……(笑)」  飼い主さんを翻弄し、おうちの「主」に君臨しているちぇりーちゃんはマイペースに日常を楽しんでいるよう。
次のページ 
「殺処分ゼロ」を目指し、保護活動にいそしむ日々
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ