Gourmet

ラーメン二郎、食べたことある?女性記者が「レンタル二郎食べる人」に同行してもらった

「ラーメン二郎」に行ったことがあるでしょうか? 念のために解説すると、本店(東京都港区三田)をはじめ、のれん分けされた「ラーメン二郎」やインスパイアされた店が全国各地にあり、ラーメン好きなら知らない人はいない有名店です。 ラーメン二郎 ですが、あまりの分量の多さや、ジロリアン(二郎ファン)独特の作法があることから、初心者女性が一人で行くのはちょっと怖い…というイメージもあるのです。

「レンタル二郎食べる人」清水くんに同行してもらった

 そんななか、1人の大学生が始めた新しいサービスが話題です。交通費さえ出してもらえれば、一緒に「ラーメン二郎」に行ってくれる。彼のサービスは今確実に利用者を伸ばしているんです。その名も「『レンタル二郎食べる人』清水くん」。  さっそく、二郎未体験の筆者(女性記者)が、清水くんをレンタルしてみました。
レンタル二郎食べる人

レンタル二郎食べる人・清水くん

 朝9時のJR田町駅改札。通勤で足早に行き交う人の群れ。その中からひときわ背の高いガッシリした男性がさわやかにあいさつをしてきました。今日のラーメン二郎に付き合ってくれる清水くん。小雨が降る小路を抜け、目指すは「ラーメン二郎三田本店」です。  清水くんは大学4年。柔道100kg超級の団体戦で全国大会優勝経験もあるアスリートです。現在高田馬場の二郎インスパイア系ラーメン店「ピコピコポン」でアルバイトをするほど二郎を愛してやまない男なんです。今年1月、彼はふとした思いつきで一緒に二郎に行くだけのサービス「レンタル二郎食べる人」サービスを始めることをツイッターに書き込みました。  交通費さえもらえればどこでも二郎に一緒に行く。自身のラーメン代は自分で払うという内容。それがまたたく間に大ヒットし、今ではほぼ毎日のように各所の二郎でだれかしらと二郎を食べているんです。

依頼は、ほとんどが女性から

「ほとんどが女性ですね。大半がラーメン二郎に行ったことない人です。常連が多くて怖いイメージがあるとか、食べきれるか不安とかルールがわからないと言われる方がほとんどです」(清水くん)  かくいう私も二郎は今まで行くというか、近づく機会もなかった。そんな私に、清水くんは店に入る前に注文の仕方について解説をしてくれました。 「あれは、トッピングのことを聞いているんです。ラーメン二郎のトッピングは、主に『ニンニク』『ヤサイ(野菜)』『アブラ』『カラメ』の4種類。それを順番に入れるかどうかを聞いているんですね。入れる場合はラーメンを提供される直前に『ニンニクどうしますか?』と聞かれた時に店員に伝えてください。例えばニンニクとカラメを入れたい場合は『ニンニク、カラメ』と注文してください」  カラメとは醤油ベースのいわゆるカエシと呼ばれるもの。塩加減が強くなるので、初めての客なら入れないほうが無難ということのよう。それにしても「ニンニク」のことを聞いているのにどうして他のトッピングについても言わないといけないのだろう? 素朴な疑問だが、「そこは僕にもわかりません」と清水くんも苦笑い。
次のページ 
二郎デビューは、「ニンニク、アブラ」に決定
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ
この記者は、他にもこんな記事を書いています