Entertainment

永野芽郁絶賛のインスタ漫画。作者に聞く、3児のママがデビューしたわけ

 日々子育てに追われるパパとママ。時間に追われて、何気ない子供の振る舞いや、日常に潜むおかしみをつい見落としてしまいがち――。そんなかけがえのない子供たちの成長を綴ったウェブ漫画『ご成長ありがとうございます~三本家ダイアリー~』(著:三本阪奈、新潮社から刊行)が話題を呼んでいます。
三本家

『ご成長ありがとうございます~三本家ダイアリ―~』(三本阪奈、新潮社)

 もともとはインスタグラムで連載されていた本作、作者の三本阪奈さん@mimoto19hanna)は、関西在住の3児の母。2月28日に新潮社のWebマンガサイト「くらげバンチ」で連載スタートし、いまやインスタフォロワーは36.6万人超(8月時点)!  専業主婦からプロ漫画家というシンデレラストーリーを、三本さんに聞きました。

きっかけは子供の記録的な日記

――どういうきっかけで漫画を描き始めたのですか? 三本阪奈(以下、三本):もともと子供の面白かったエピソードを忘れないために日記を書いていたんです。ただ、それだと読み返すのが大変なので、イラストを付けたり、4コマ漫画にしたりしていました。それが家族に喜んでもらえたので、インスタにも載せたんです。 ――実際、どれも面白いエピソードでスゴイですよね。 三本:最近は何かあっても忘れてしまうので、スマホでメモを取るようにしています。あとは寝る前、夫と1日で笑ったことを共有するようにしています。描きたいエピソードは常にありますね。

インスタがバズったのは昨年5月くらい

三本家

リモート取材に答える作者の三本阪奈さん

――2019年1月からインスタ投稿を始めて、最初にバズったと思ったのはいつ? 三本:昨年5月くらいですね。息子がお風呂のお湯を飲んでいるのではないかという話をネットニュースで取り上げていただいたて。あとは家族一人ひとりを紹介する漫画で、フミ(次女)の話を描いたとき「急に(反応が)きた」って思いました。 ――マイペースなフミが、学校に入学したばかりの頃、授業中、目を開けたまま、ずっと机に突っ伏していたという大物すぎるエピソードですね。 三本:読んだ人に怒られるかなとも思ったのですが、好意的な反応でホッとしました。アップする前には家族にも「こういうのを(SNSに)載せていい?」と聞いたのですが、ケイ(長女)からは何もなく、フミには「可愛く描いてな」と言われました(笑)。
次のページ 
きっかけは夫婦の育児日記
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ