Gourmet
Beauty

菅総理が14kgやせた“朝スープカレーダイエット”とは?栄養士が解説

実践編。レトルトのスープカレーは栄養成分に要注意!

 スープカレーは一般的に高脂質な商品が多いので、レトルトや外食で食べる場合には注意しましょう。レトルトでしたら、パッケージに記載の栄養成分を必ずチェックしてください。  たんぱく質が多く、できるだけ脂質が少ないスープカレーを選ぶことがポイントです。ここからは、具体的に2種類のレトルトスープカレーを比較し、脂質含有量の違いを紹介します。

マジックスパイススープカレー(明治)

朝スープカレーダイエット

写真:筆者撮影(以下同じ)

栄養成分表示(1食あたり) エネルギー 172kcal たんぱく質 10.1g 脂質 9.8g 炭水化物 11.1g 食塩相当量 3.7g 朝スープカレーダイエット「マジックスパイススープカレー」は、カレーにしては脂質が少なめなのが特徴です。ただ、食塩相当量が多い※ので、浮腫みやすい人は注意しましょう。 ※18歳以上の男性7.5g未満/日、女性6.5g未満/日が目標値なので、1食で1/2日分の塩分摂取となる。目標値は、日本人の食事摂取基準(2020年版)より。

北国からの贈り物 まるごとチキンレッグスープカレー(ベル食品)

朝スープカレーダイエット栄養成分表示(1食あたり) エネルギー 570kcal たんぱく質 29.2g 脂質 41.9g 炭水化物 19.1g 食塩相当量 2.4g 朝スープカレーダイエット「北国からの贈り物 まるごとチキンレッグスープカレー」は、たんぱく質が多くてGOODですが、脂質が41.9gと多いのでダイエットには不向きです。食べる場合は「ダイエット中のご褒美」として食べてくださいね。  このように同じスープカレーでも、栄養成分が大幅に異なるので、ダイエット中は注意しましょう。 朝スープカレーダイエット
次のページ 
ダイエットには脂質の低いカレーがおすすめ
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ