Gourmet
Beauty

菅総理が14kgやせた“朝スープカレーダイエット”とは?栄養士が解説

ダイエットには脂質の低いカレーがおすすめ

 一般的にカレーは、脂質が多いのでダイエットにはあまり向いていません。カレールウの原材料を見ると、トップに「食用油脂」が書かれているので見てみてくださいね。  手作りする場合は、スパイスのみの「カレー粉」が最もおすすめです。具材のたんぱく質は、鶏胸肉、エビ、イカ、貝類など、脂質が低い食材を選びましょう。 朝スープカレーダイエット

ジャワカレー(ハウス食品)

 また最近は、脂質が少ないカレールウが販売されています。たとえば、ハウス食品のジャワカレーなどがあります。 朝スープカレーダイエット カロリーオフのジャワカレーは、通常より脂質の含有量がグッと下がっているので、ダイエットにおすすめです。
朝スープカレーダイエット

※表示の分量で作った場合(1皿分、牛もも肉使用)

飛騨 野菜だけのカレー(天領食品)

 また、スープカレーではないですが、脂質の低いレトルトカレーもあります。 朝スープカレーダイエット 天領食品の「飛騨 野菜だけのカレー」は、超低脂質なのでダイエットにおすすめです。スープカレーの代わりに「飛騨 野菜だけのカレー」を食べるのも良いですね。 栄養成分表示(1食あたり) エネルギー 68kcal たんぱく質 2.2g 脂質 0.6g 炭水化物 13.6g 食塩相当量 1.5g 朝スープカレーダイエット
次のページ 
「こどものためのボンカレー」もおすすめ
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ