News

生後6ヶ月の水上スキー投稿が炎上。“危険過ぎるVS可愛すぎる”で賛否両論

 生後半年の赤ちゃんが水上スキーをする動画が両親によって投稿・拡散され、全米で物議をかもしています。

生後6ヶ月で水上スキー、世界記録達成か

 問題となっている動画が撮影されたのは、米ユタ州にあるパウウェル湖。アメリカで2番目に大きな人工貯水池で、映画『猿の惑星』や『ゼロ・グラヴィティ』の撮影に使われた美しいロケーションです。  自分の足でしっかりとボードの上に立ち、水の上を軽やかに滑っているリック・ハンフリーズ君は、ハーフバースデーを迎えたばかりの生後6ヶ月の赤ちゃん。  笑顔で水上スキーをするリック君の様子が「世界最年少の水上スキーヤー! #世界記録 6ヶ月4日」と書かれたメッセージとともにインスタグラムに投稿されるとすぐさま話題になり、SNS上で拡散。  ゴシップチャンネルTMZは、「もしかしたら歩くより先に水上スキーを覚えたのでは?」とその年齢に驚き、「いつかオリンピックで君に会えるのを楽しみにしている」とエールを送っていました。

「虐待だ」「無責任」と炎上

 しかし、「可愛すぎる」「神童ですか?」などポジティブなコメントを受ける一方で、この投稿には乳児に水上スキーをさせることに対する“危険性”を指摘する批判的なコメントも多く書き込まれ、炎上。 「虐待だ」「無責任」「大惨事になっていたかもしれない!」「いいね!のためにやっていいことではない」「これは許されることではない」 『ニューヨーク・ポスト New York Post』によると、今も“擁護派”と“ありえない派”で世論は真二つに分かれているといいます。
次のページ 
両親が反論
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ