Lifestyle

スマホ・PCの「音声入力」は超便利。メールもしゃべって返信できる

 最近はテレビコマーシャルでも、スマホに向かって「OK,Google」や「Hey,Siri」と呼びかける場面を目にします。  今日のスマホやPCはとてもかしこく、人間の言葉を聞き取れるのです。バーチャルアシスタントとのやり取りにはまだまだ不自然な部分もありますが、音声入力に関しては、かなり高い精度で認識してくれます。
音声入力・女性

写真はイメージです(以下同じ)

 いっぽう現実世界では、他の誰かが音声入力をしているところを目にすることはほとんどありません。それもそのはず、人目につくところでは音声入力を使わないのがマナーです。(たとえば電車で隣にいる人が、音声入力を使って耽美な小説を書いていたら、めちゃくちゃ怖いですよね。)  ……ということは、実はあなたの知らないところで、周りの皆さんが「音声入力機能」をフル活用していたとしても不思議ではないのです。  そこで今回は、いつの間にか取り残されてしまわないよう、スマホやPCで音声入力をする方法を確認してみましょう。

仕事でも使える! ただし誤字の見直しは必須

 詳しい使い方は後述しますが、「音声入力機能」は何も特別なことではありません。スマホやPCがあれば、特別な装置もソフトも必要なし!まだ使っていないという方は、以下のようなケースで音声入力を試してみてはいかがでしょうか。

●メールの返信

スマホ・PCの「音声入力」

音声の認識を行っているのはOS(iOSやAndroidなど)なので、どのアプリでも同じように使うことができます。ただし送信前に誤変換がないかの見直しは必要で、この例では「漢字」が「感じ」になっています。

 スマホはもちろん、WindowsでもMacでも、メール作成に使っているソフトが何かに関係なく、音声入力を利用することができます。  ひとつだけ注意したいのは、人名など固有名詞の変換が正しく行われているかという点です。ビジネスメールで相手先の名前を間違えてしまうと、失礼にあたります。ですので、一旦書き終えたあとに必ず見直すようにしましょう。単純な誤変換も、ないわけではありません。

●文書作成

 文書作成をする機会が多い人も、音声入力を役立てることができるかもしれません。人の多いオフィスでははばかられますが、テレワーク等で周囲に他人のいない環境なら、遠慮なく独り言が言えます。頭の中でアイデアをまとめたら、それをマイクに向かって喋るだけ。音声入力したものを、あとでちょこちょこっと手直しすれば、資料もラクラク完成です。  とはいえ、Excelの図表など、数字をたくさん使う場合にはやはり不向きです。また、コピー&ペーストを多用する場合にも、素直にキーボードを使ったほうが効率的でしょう。

プライベートのLINEやSNSの投稿にも

●LINEやZOOM等のテキストチャット

 ビデオ通話の良さのひとつが、「ながら会話」ができることです。作図や編み物など、言葉と関係のない作業なら、雑談しながらのほうがはかどることもあります。  いっぽうテキストチャットだと、キーボードを打つために両手がふさがってしまいます(スマホの場合には片手でいけますが)。そういう場合、音声入力を適宜使うことで、よりスムーズになるでしょう。

●SNSへの投稿

スマホ・PCの「音声入力」

Twitterにも使えますが「ンゴwwwwww」のようなネットスラングはうまく打つことができません

 SNSの場合、企画書などのビジネス書類と比べれば、難しい言葉を使わずに済みますので、音声入力に向いています。各種ネットスラングがうまく変換されないのが難点ですが。  ところでSNSというと、少し前まではTwitterで「~なう」とつぶやくのが定番でしたが、今では全然見なくなりましたね。やっぱり、間の抜けた感じがするからでしょうか。
次のページ 
スマホやPCがあれば、特別な装置もソフトも不要
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ