Love

不倫への扉…片思いだった中学時代の同級生に同窓会で告白されて

離婚後、実家に出戻ってからは同級生を避けて生活

「夫には再び関係をやりなおすつもりはなく、最初から離婚以外の選択肢はありませんでした。私はできれば別れたくなかったですけど、『不倫しておきながら、よくそんなことが口にできるな!』と言われてしまっては返す言葉もないので……」  彼女が27歳のとき、夫と離婚が成立。その後もしばらくは働きながら母子2人で生活していたそうですが非正規雇用で給料も決して多くなかったため、29歳のときに地元に戻ることを決意。現在は実家で両親と息子の4人で暮らしているそうです。 「実家は結構な田舎だし、ましてや私はシングルマザーの出戻り。それも自分の不倫が原因です。近所には親戚も多く住んでいるため、私に対する風当たりは厳しいです」 シングルマザーの子育て

地元に戻ってから同級生との付き合いはなし

 聡志さんとの不倫は同級生の間で噂となってしまったため、地元に戻ってからも付き合いは避けるようになってしまったといいます。 「笑い者にされたり、あきれられていると思ったら顔を出すことができなくて……。故郷に戻って来てからはスーパーなどで見かけることもありますが、声をかけられる前にその場から去るようにしています。実家暮らしなので生活はラクになりましたが、精神的にはやっぱり辛いですね」  かつての片思いの相手に告白されて舞い上がってしまう気持ちは理解できますが、その後の行動はあまりに軽率。過ちを犯してから後悔しても遅かったようです。 ―禁断の恋に狂った私― <文/トシタカマサ イラスト/カツオ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
トシタカマサ
一般男女のスカッと話やトンデモエピソードが大好物で、日夜収集に励んでいる。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ