Lifestyle

「何でも俺の許可を得るように」結婚で激変した彼の、古すぎる“夫婦像”

 結婚前に、「結婚後はどういう夫婦関係を作るか」と話し合うカップルは少ないはず。恋愛時代の今のままの関係が自然と続いていくと思いがちだ。  ところが中には、結婚したとたん、「夫としてきちんとしなければいけない」と思う男性もいる。  結婚して激変してしまった彼との離婚を視野に入れている女性の話を聞いた。
嫉妬 喧嘩 男女 カップル

写真はイメージです(以下同じ)

「オレの許可を得るように」結婚で急変した夫

 まじめな男性ほど、従来の「日本の夫婦」を踏襲(とうしゅう)しなければいけないと思ってしまうのだろうか。 「つきあって2年、最後のほうはほぼ同棲状態でした。仕事をしながら、家事も気づいたほうがやる、というとてもスムーズな関係が保てたので、この人となら結婚してもうまくやっていけると思っていたんです」  そう言うのはユキさん(33歳)だ。2年前に、友だちの紹介で知り合った3歳年上の男性と結婚した。 「つきあっているときは、とても自由でした。同棲しているときだって、『週末、友だちに会うんだ』というと、『そう』としか言わない。誰とどこで会うのかとか、何時に帰るんだとか、そういうことは聞かなかった。それは信頼感があるからだと私は思っていたんです」  ところが式を挙げ、婚姻届を出したとたん、彼は変わった。 「ユキはオレの妻だからなって念を押されて。わかってるよと言ったら、『これからは何でも相談して、オレの許可を得るようにね』と。はあ? という感じでした。  実際、友だちに会うと言ったら彼、送ってきて友だちに挨拶して、帰りはまた迎えに来たんです。友だちは大事にされてるのねと言ったけど、私からみたらどうしてこんなに変わっちゃったのとしか思えなかった」
上司の指

※写真はイメージです

「夫は夫らしく、妻は妻らしく」と主張する夫

 生活する上でも、以前のように自然と家事をやってくれることは少なくなっていく。一度、そのことでユキさんが不平を漏らすと、彼は淡々と言った。 「家事は妻がやったほうがいいと思う。女性に向いているからって。意味がわからない。前はやってくれたじゃないと言ったら、『だって結婚してなかったでしょ』と。  つまり、彼は『結婚したら、夫は夫らしく、妻は妻らしくしなければいけない。そして統率をとるのは夫である自分』ということなんですよ。ものすごく古い価値観ですよね」  それはもともと彼の心の中にあった「夫婦というものはこうあるべき」というものだったのだろう。ただ、彼は従来の価値観から抜けられなかった。親たち、祖父母たちの価値観に倣っていたのだ。 「今は今の夫婦の価値観ってあるんじゃないのと言ったら、古い価値観のほうが正しいんだと。でもそれって明治時代の民法踏襲って感じよねと言ったら不機嫌になって……」  黙り込んだ夫を見て、ユキさんは結婚生活を続けていく自信がなくなったという。
次のページ 
「黙ってついてくればいいんだよ」にキレて
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ