Lifestyle
Love

スピード婚は危ないのか。2ケ月で結婚、半年で離婚した女性の胸中

 結婚は人生における選択肢のひとつだ。しなければいけないものでもない。そして、たとえ選択、決定して取り入れたところで、「これは違う」「失敗だった」と思ったら、解消してスタートに戻ればいいのだ。最終的にその結婚や離婚が、失敗か成功かについても本人が決めることだし、はたからとやかく言うことでもない。  恋愛や結婚に、万人にあてはまる成功法則があるわけではない。ただ、「この結婚、失敗だった」と思っている女性たちの話には、きっと参考になるポイントがたくさんあるはずだ。
結婚指輪

写真はイメージです(以下同じ)

相手選びの失敗~出会って2ヶ月でスピード婚

 交際期間が短いからといって、必ずしもうまくいかないとは限らない。結婚してからゆっくり互いを知り合うことが楽しかったと言うカップルもいる。ただ、よく知らないままに結婚という日常生活に突入して、互いを知るより先に破綻してしまうふたりもいる。 「境遇が似ていたんですよ。それで互いの吸引力がすさまじかったんだと思う」  そう言うのは、ヤスコさん(33歳)だ。29歳のとき、3歳年下のヒロアキさんと知り合って2ヶ月で婚姻届を出した。 「周りはびっくりしていました。私もびっくり。だけど30歳までに結婚したいと思っていたので、この機会を逃してはいけないと思ったんです」  そもそもの出会いは、会社員のヤスコさんが外回りをしているとき急な雨に見舞われ、飛び込んだカフェでだった。店内を歩き始めたとき、ヒールが滑(すべ)って転倒、それを助けてくれたのがヒロアキさんだった。 「彼は私を抱き留めようとして結局、一緒に転倒してしまって。ふたりで笑いながら起き上がろうとしたんですが、私は起きられなかった。そうしたら彼がそのまま近くの病院に連れていってくれたんです。彼も仕事中だったのに」 雨傘の中のカップル みるみるうちに足首が腫れ上がった。骨折を心配したが診断の結果は捻挫(ねんざ)。ヤスコさんは彼の連絡先を聞き、その日はお礼を言っただけでそのまま会社に戻った。彼は会社まで送ってくれたという。 「とにかく痛かったから何も考えられなかったんですが、その日、帰宅してから考えたら、あの人はなんて親切だったんだろうと。ろくにお礼も言わずに申し訳ないことをしたと思って、名刺に書いてくれた彼の携帯番号に電話をしたんです。彼は『たいしたことはしてないですよ』と爽やかに言ってくれて」  

暗い部分がわかりあえたので運命の人だと思い込んだ

 その日から連絡をとりあうようになった。そして2週間ほどたち、足もかなりよくなったので、お礼に食事でもとヤスコさんから誘った。 「彼は『その言葉を待ってました』って。楽しいんですよ、彼との会話が。そして初デートしてお互いのことを話したら共通点があったんです」  互いに離婚家庭で、母ひとり子ひとりの環境で育っていた。実の父親の顔さえ覚えていない点も一致していた。 「そういう心の中の暗い部分、ふだんは出さない面がわかりあえたので、急にお互いに運命の人だと思い込んでしまったんだと思う」  初めてのデートで彼の自宅アパートに泊まった。翌日は彼が彼女の部屋へ。それが繰り返されて1ヶ月半後には婚姻届を出していた。
次のページ 
食事を作ったら「え、いいよ、ラーメン食べるから」
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ