Beauty

シワは減らせる。シワの原因から、本当に効くシワ改善コスメまで 

 最近、どうもシワが気になっている……でもこればかりは仕方がないと諦めてしまっていませんか?  最近では、シワを改善する美容液が続々と発売されるなど、シワ対策にとても注目が集まっています。今回は、ブームのシワ改善コスメから、最新の美容医療まで、さまざまな対策をまとめてみました。 シワ

1.シワの種類と原因、対策の入門編

 対策するには、まずはシワの基礎知識が必要です。ひとことで「シワ」といっても、いくつかの種類があって、その原因と予防策も違うのです。 シワの仕組み①表皮ジワ…乾燥などでできる細かいシワ  目元や口元など、肌の浅いところにできる細かいシワ。「小ジワ」「ちりめんジワ」と呼ばれることもあります。  乾燥によって、お肌の表面(角層)の水分や皮脂が少なくなって、細かいシワになってしまう状態。放っておくと、大きなシワになってしまうことも。 →対策:化粧水やクリームなどで、とにかく保湿! ②真皮ジワ…紫外線や加齢などでできる深いシワ  ほうれい線や目の下の、くっきりした深いシワ。  大きな原因のひとつは、紫外線です。紫外線を浴びるとお肌は分解酵素をつくり、それがお肌の深い部分(真皮)のコラーゲンやエラスチン(コラーゲンをつなぎ合わせる繊維)を分解=破壊してしまうのです。  また、加齢によってコラーゲンなどが減ることも、真皮ジワにつながります。 →対策:常に、UVクリームなどで、紫外線を浴びないように!    シワ改善の有効成分の入ったコスメを使ってみる。 ③表情ジワ…表情が肌のクセになってできるシワ  笑ったり怒ったり…によって、表情筋に折り目がついてできるシワ。目尻の笑いジワや、おでこ、眉間のシワなど。  若いうちは、折り目がついても元に戻りますが、加齢や紫外線で弾力がなくなった肌は、折り目が元に戻らずシワとして定着してしまいます。 →対策:基本は①②と同じです。シワを気にして笑顔を失ったりしたら魅力半減ですからね。  もちろん、保湿やUVケアだけでなく、食べ物も大切なシワ対策。体内でコラーゲンやエラスチンを生成するには、たんぱく質やビタミン類をちゃんと食べることも必須です。

2.シワ改善系コスメが大ブーム。各社の注目商品

 シワを改善する医薬部外品として認証された美容液が2017年に発売されたことから、多くのメーカーがシワ改善コスメを発売しています。  現在、「シワを改善する」という効果が厚生労働省に承認されている有効成分は、①ニールワン ②レチノール ③ナイアシンアミド(リンクルナイアシン)の3つだけです。本気でシワを改善したいなら、3つのどれかが配合されたコスメを選ぶべきでしょう。  ※説明は、各商品の公式サイトから一部引用しています。

①有効成分「ニールワン」

リンクルショット メディカル セラム」(医薬部外品、ポーラ) リンクルショット 2017年1月に、シワを改善する医薬部外品として、日本で初めて承認された美容液「リンクルショット メディカル セラム」を発売したポーラ。これは大ヒットして、ブームの火付け役となりました。<20g、14,850円(税込)>  紫外線や表情によって肌がダメージを受けると、「好中球エラスターゼ」なる酵素が出現して、コラーゲンなどを破壊する…というメカニズムを、ポーラが世界で初めて発見。同社はその酵素の働きを抑える、医薬部外品有効成分「ニールワン」を開発し、厚生労働省に初めて承認されたのです。 「ニールワン」を配合した製品は世界中で「リンクルショット」だけ。お肌の深いところ(真皮)まで浸透して、深いシワを改善してくれるそうです。

②有効成分「レチノール」

●「エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリームS」(医薬部外品、資生堂) エリクシール リンクルクリーム ポーラに次いで、2017年にさっそく資生堂も参戦。こちらはシワ改善効果が認められた「純粋レチノール」という薬用有効成分を配合しています。  純粋レチノールは、お肌の浅いところ(表皮角化細胞)でヒアルロン酸の産生を促して、角層の水分量を増やすことでシワを改善する仕組みです。  他にも、資生堂の「リンクルリフト」、「ベネフィーク レチノリフトジーニアス」も、純粋レチノールを配合。<15g 6,380円 (税込)>

③有効成分「ナイアシンアミド」

●「ワン・バイ・コーセー ザ・リンクレス」(医薬部外品、コーセー) ワンバイコーセー こちらは、シワ改善の有効成分「リンクルナイアシン」(=ナイアシンアミド、ビタミンBの一種)を配合。「肌を奥からグッと支える真皮と、表面にピンッとハリを与える表皮、肌の上下2層にアプローチ」とのことです。他製品より、ちょっとお安めなのが嬉しい。<20g 6,380円(税込)> ●「リンクル リフトセラム」(医薬部外品、カネボウ) リンクル リフト セラム コーセーと同じく、有効成分ナイアシンアミドを配合。真皮と表皮に働きかけ、深く効くシワ改善美容液。「水分をたっぷり抱え込んだ弾力性のあるヴェールを形成」するそう。カネボウは「4週間で効果が現れる」と即効性をアピールしています。<20mL 13,500 円(税抜)> ●「アヤナス リンクルO/L コンセントレート」(医薬部外品、DECENCIA) ディセンシア アヤナス リンクルO/L コンセントレート ナイアシンアミド配合で、敏感肌専用ラインというのが特徴。クリームでなくオイルなのも特徴的です。  株式会社DECENCIAはポーラの社内ベンチャー制度で設立され、2019年に発売した「アヤナス リンクルO/L コンセントレート」はベストコスメ15冠のヒットとなりました。  表面的な細かいシワと、ほうれい線などの深いシワの両方を改善する設計を100種類以上のオイルで試すなど、研究に研究を重ねて開発されたそう。<30ml、7,150円(税込)> ※ナイアシンアミド配合は、他にもいくつかのブランドがあります。 【関連記事】⇒ブームのシワ改善コスメ。有名どころ5つを試した感想は? 【関連記事】⇒シワ改善コスメがヒット、敏感肌さんに「DECENCIA」が支持されるわけ

3.シワを隠すベースメイクアイテム

 シワの改善には、根気強いスキンケアが大事。とはいえ、「メイクで今すぐシワを隠したい!」というのもホンネですよね。そこで、手っ取り早く肌のアラをカバーできる優秀ベースメイクを、コスメコンシェルジュの西田彩花さんがセレクト。若々しい美肌をメイクで実現しましょう。 ●ラディアント タッチ」(イヴ・サンローラン) サンローラン ほうれい線やゴルゴラインなどの目立ちやすい凹凸をカバーするのには、ハイライターが向いています。  ほうれい線など、ライン状になっているシワに沿って塗ってみてください。ラインを引いた状態で、その部分に指を置いて。このとき、広げないのがコツです。馴染んだら、パフにフェイスパウダーを取って、ハイライターの上を押さえるようにしてみてください。 ●エスプリーク CC ベース モイスト」(コーセー) エスプリーク 目元のちりめんジワにオススメなのは、凹凸をカバーしてくれる化粧下地。  こちらを目元に薄く塗ってみてください。もちろん毛穴にも使えるので、開いた毛穴部分にも塗ってみてください。保湿力も高いので、乾燥して化粧崩れするのも防いでくれます。目元に厚塗りしすぎると、逆に目立ってしまう場合があるので、注意するのがポイントです。 ●「バイタルパーフェクション リキッドファンデーション」(資生堂) バイタルパーフェクション(※生産終了、一部のショップではまだ入手できるようです)  ハリやくすみが見えてくるとお疲れ顔が顕著になってきます。そうなると、シワまでもがくっきり……なんてことに。そんな時には、ベースメイクにこだわってみてください。  くすみや色ムラなど、悩みがちな肌のアラにアプローチするファンデーション。自然な透明感も出るので、ツヤ不足の方にもオススメです。スキンケア成分配合で、メイク中も快適。パーンと張ったような仕上がりも嬉しいです。 <文/西田彩花:美容ライター、美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)> ブログ 【参考記事】⇒あぁ顔が疲れてる…シワ・くすみを撃退するベースメイクアイテム4選

4.ビタミンAがシミ・シワ・にきびを改善

 セラミドやビタミンCやプラセンタなど、お肌に良いとされている成分を配合した商品が多く販売されています。  最近では、お肌に塗るビタミンAがとくに注目され、その効果・効用に期待が集まっているそうです。形成外科医で美容医療も探求中の平岡由愛さんに、ビタミンAの効果について3つのポイントを上げてもらいました。 1)シミ・くすみを改善  そもそも加齢とともにお肌のターンオーバーが遅くなり、メラニンを排出する力が弱まることで、シミが目立つようになります。ターンオーバーは、およそ28日周期で行われますが、年齢とともに減速していき、40代では約40日周期とされています。  ビタミンAは、表皮の細胞を増殖させ、お肌のターンオーバーを促進することにより、表皮内のメラニンの排出を促します。 2)お肌の細胞を増やして小ジワを改善  ビタミンAは、表皮のターンオーバーの促進とともに「真皮」内の線維芽細胞のコラーゲン産生を促進する効果があるため、小さなシワが目立たなくなります。  皮膚は、大きく分けて3層構造になっていて一番上の層が「表皮」、その下が「真皮」、最下層が「皮下組織」となっています。  お肌の細胞を増やす効果があるので、加齢とともに薄くなってしまった表皮を増やし、コラーゲンの効果とともに、ハリのあるお肌になります。また、ビタミンAは真皮内の血管新生を促し、皮膚の血行も改善させるため、血色が良く、強いお肌に生まれ変わります。 3)皮脂の分泌を抑え、ニキビの予防に  ビタミンAは、古くなった角質を剥がし、角栓などの毛穴の老廃物の排出を促すとともに、皮脂の分泌を抑制させる効果があります。また、古い角質がなくなることによって、薬剤の浸透性が高まります。  もともとお肌に含まれているビタミンAですが、加齢とともに減少していきます。そのため歳を取るとシミやシワが目立ち、ハリのないくすんだお肌となっていきます。外からビタミンAを補充することによって、このような効果を得ることができるのです。

おすすめのビタミンA入りドクターズコスメ

 ビタミンAは、食事などからも摂取できますが、お肌に使用する際はレチノールやレチノイン酸といったビタミンA誘導体として使用するのがよいでしょう。筆者(平岡由愛さん)がおすすめするコスメは、「エンビロン」と「ゼオスキンヘルス」です。  どちらの商品も、ビタミンAについて長く研究を行い、しっかりとしたエビデンスに基づいて開発されています。 ●エンビロン  南アフリカ共和国の形成外科医、Dr.デス・フェルナンデス氏が開発。世界70ケ国以上で使われ、日本国内ではクリニックやエステサロンでカウンセリング販売されている。(各クリニックまたはオンラインストアで購入できる) エンビロンゼオスキンヘルス  米国・ビバリーヒルズを拠点とする皮膚科医、ゼイン・オバジ氏が開発。こちらも日本では多くのクリニック、皮膚科医で取り扱っている(購入はクリニックのみ。取り扱いクリニックは公式サイト参照) ゼオスキン ただし、これらの美容商品は長期使用により耐性がついてしまったり、内服薬に関しては過剰摂取によって健康への悪影響が引き起こされる可能性があるため、注意を要します。使用した商品を扱う際には医師の指導のもとに適切に使用してください。 (文/平岡由愛:大阪市立大学医学部卒業。医学部在学中にイギリスとギリシャに医学留学。現在は形成外科医として機能・形態的異常疾患を扱いつつ、形成外科の視点から美容医療も探求) 【関連記事】⇒ビタミンAがシミ・シワ・にきびを改善。効果や注目コスメを医師に聞く

5.シワは美容皮膚科でリカバー、最新美容機器リポート

 日常のお手入れをするコスメより、もっと手っとり早くシワを改善したいなら、美容クリニックで施術を受ける方法があります(お金はそれなりにかかりますが)。 ・ヒアルロン酸注射…もっとも一般的なのは、ヒアルロン酸を注射で注入して、シワを埋める方法。ヒアルロン酸の質にもよりますが、1年ほど効果が持続して、徐々に体に吸収されて効果が消えていきます。 ・レーザー、光による治療…サーマクール、フラクショナルレーザーなど、レーザー等を照射してリフトアップすることで、シワを改善する。

光治療・BBLsを受けてみた

 表参道にある美容クリニック「ティーアイクリニック」は、最新美容機器を使ってのダメージ肌の回復法を提供しています。田原一郎院長は「肌のダメージの原因は紫外線です。コラーゲンが壊れ水分が失われるので、シワの原因にもなります」と話します。 「ティーアイクリニック」でおこなっている光治療は、目に見える「可視光線」で肌の深層部にまで働きかけ、肌の再生を促すというもの。最新機器「BBLs(ブロードバンドライト)」治療器(米国・サイトン社製)を使っており、痛みも少ないそうです(BBLsを行っているクリニックは複数あります)。  美容に詳しいライター・にらさわあきこさんが2種類の治療を受けてみました。
BBLs

BBLsの治療マシン

BBLsスーパーフォトフェイシャル(所要時間15~20分程度)  乳酸の入った化粧水で肌の調子を整えた後、専用のジェルを塗り、機械を肌に当てるケアです。機械が肌にあたるごとに“パチッ、パチッ”と刺激を感じますが、痛みを覚えるほどではなく、これまでのフォトフェイシャルの常識が覆されました。 ・BBLsスーパータイトニング(所要時間15~20分程度)  近赤外線の光を連続掃射しながら皮膚を温めていくことで、肌の自然治癒力を促し、ヒートショックプロテインを再生していきます。これにより、肌の弾力を維持するコラーゲンやエラスチンなどが増える効果が期待できるそうです。また、どちらも気になる施術中の痛みは、まったくといって言いほど感じられず、むしろ気持ちいいぐらいでした。 「ダメージ肌をそのままにしておくと回復しづらくなりますから、ダメージを受けたら、ひどくなる前に早めにケアをするのが大事です」と田原院長は語ります。ダメージが定着する前のケア候補にしたいものです。 【関連記事】⇒紫外線のシミやシワは美容皮膚科でリカバー/最新美容機器リポート

6.表情ジワを防ぐ、話題のシワ取り顔テープ

 一方、いわば原始的な(?)方法として話題なのが、顔にテープを貼る「シワ取りテープ」。  表情ジワが定着しないよう、テープを貼ってシワを伸ばしてしまおうという戦略です。  コラーゲン破壊などでできた「真皮ジワ」には効かないでしょうが、細かい表情ジワをテープで伸ばすことで、シワの定着を防ぐことはできるかも。  顔ヨガ界の人気講師の間々田佳子さんも、シワ取りテープをプロデュースしています。
間々田佳子

顔ヨガで有名な間々田佳子さん、テープを貼ったところ

「シワの原因のひとつに、表情グセがあります。知らず知らずのうちに、眉間にシワを寄せたり、人の話を聞くときに、口をへの字に曲げているものです。そこで、顔ヨガテープです。まずは、自分でどんな表情をしてシワを作っているのかを知り、シワを作っている筋肉を『使わない、動かさない、抜く』という感覚をテープを使いながら覚えます」と間々田さんは話します。 間々田佳子さん 間々田さんは、毎朝のジョギング中の時間に「しわとりテープ」を貼っていたところ「効果を感じられた」とのことでした。  もともと間々田さんは、顔のエクササイズ=顔ヨガで顔の筋肉を鍛えることによって、表情ジワを作らない方法を伝授しています。シワ取りテープは、そのサポートアイテムということでしょう。 【関連記事】⇒SNSで話題の”顔テープ”。シワ改善には顔ヨガとの合わせ技で (間々田佳子さん:顔ヨガ創始者・高津文美子に師事し、講師となる。表情筋トレーナー。『顔ヨガでV字上げ』『まいにち顔ヨガ』など著書多数、累計53万部を突破。講演やメディア出演も多い。Instagram:yoshiko.mamadaブログ)  ここまで、様々なシワ改善の方法について紹介してきました。これらの方法でしっかりと対策をして、若々しい美肌を目指しましょう。 <文/女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ