Entertainment

日本の男性アイドルファンがBTSに流れ中?BTSは何がそんなに凄いのか

 先日、「Dynamite」が第63回グラミー賞の最優秀ポップデュオ/グループパフォーマンス部門にノミネートされたBTS。新曲の「LIfe Goes On」も再びビルボードホット100で1位に輝き、向かう所敵なし状態です。
日本の男性アイドルファンがBTSに流れ中?BTSに惹かれる理由とは

「防弾少年団 BTS 2021~2020年(2年分)卓上カレンダー」

 そんな彼らの勢いが、日本でもある変化を起こしています。それまでは日本のアイドルグループのファンだった人たちが、すっかりBTSにハマってしまっているというのです。一体、どこに惹かれているのでしょうか?  というわけで、ファッション、サウンドの面から見ていきましょう。

独特な色使いとスマートなシルエット

 まずはビジュアル。SNSやネット動画全盛の時代にあって、ファッションの重要性は、高まるばかり。改めてBTSのスタイルを振り返ると、独特な色使いをしながらも、スマートなシルエットや清潔感に気を配ったコーディネートであることに気づきます。  オーバーサイズのシャツやパーカーなどを着ることはあっても、プレスリリースや式典など、公式の場ではグループとして統一感を持たせたスリムなセットアップで登場。  しかし、プラダやサンローランなどのラグジュアリーブランドもバッチリと決めすぎず、各々がキャラ立ちするように崩しを入れるあたりが、絶妙におしゃれな印象を与えています。

ちょっとだけ手の届かない雰囲気がミソ

「日本のアイドルはキュートなコーディネートが多い印象ですが、私はかっこよく、カリスマ性が出るようにシックなものを選ぶことが多いです」(「WWD」(2019/01/22)より引用)と語るのは、BTSやBLACKPINKのスタイリスト、キム・ジヘ氏。狙いは、ファン以外の人からも見られる場では、高級感とか、ちょっとだけ手の届かない雰囲気を上手に作ることなのですね。
ちょっとだけ手の届かない雰囲気がミソ

「MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY 」

 だからこそ、ステージやMV、そして私服での色使いがギャップを生む。ヒップホップカルチャーを取り入れた着こなしが、韓国ブランドのスポーティーなデザインに影響を与える好循環を生んでいるのだそう。  でも、あくまでも基本は、カッコよさの追求。“男の子”ではなく、新しい時代の男性像として、ひとつのモデルを提示しているのではないでしょうか。
次のページ 
音楽面の特徴とは?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ