Entertainment

休養中のトップアイドル、脱退を発表「私のメンタルに悪い影響」

 今年9月、生放送中にパニック発作を起こし、先月には一時休養を発表していた英ガールズグループ『リトル・ミックス』のジェシー・ネルソン(29)。ここ最近はめっきり姿をみせていなかったが、14日にSNSを更新し、グループからの脱退を正式に発表した。ジェシーはファンやメンバーらに感謝をあらわしつつ、「グループ活動をすることによって、私の精神面に悪影響が出る」と説明している。

他人の幸せを考えるより、まずは自分自身を大切にしなければ

リトル・ミックス

リトル・ミックス。左からジェシー、リー・アン、ペリー、ジェイド

 2011年にオーディション番組『Xファクター』で結成された『リトル・ミックス』。全世界トータル・セールス5,000万枚、YouTube動画再生回数は30億回超。いまや世界No.1のスーパーガールズ・グループとなった。  これまで共に歩んできたペリー・エドワーズリー・アン・ピノック、ジェイド・サールウォールらと、別の道を歩むことを決めたジェシー。脱退を発表したインスタグラムには、今回の決断に至った理由、そしてファンやメンバーらへの想いをつづっている。 「ミキサー(ファンの愛称)のみんな。リトル・ミックスの9年間は私の人生で最も素晴らしい時間だった。自分が到底できるとは思っていなかったことを達成できた。初めてのブリット・アワード受賞から、ソールドアウトのO2アリーナでのライブまで。世界中に友人やファンが出来て、みんなに心から感謝しているし、私は世界で一番幸運な女の子だって感じている。あなた方がいつも応援し、励ましてくれたこと。これからもずっと忘れない」 「ただ本当のことを言うと、最近はこのグループにいることが、私のメンタルヘルスに悪影響を及ぼしていた。ガールズグループにいるというプレッシャーが常にあって、その期待に沿えるように生きるのはすごく大変だった」 「人生には、他人の幸せを考えることより、まずは自分自身を大切にしなければならない時期があると思う。私にとってそれが今だと思う」 「考えに考えた結果、心苦しいけれど、リトル・ミックスから脱退することをお知らせしたい。大好きな人たちと一緒に過ごし、自分が楽しいと思うことをする。そういう時間が私には必要だと思う。人生の新たな章を始める準備はできているわ。それがどんなものになるのか今は分からないけど、そこにまだ私を支えてくれるみんながいてくれればと思う」
 そして、これまで支えてくれたファン、9年間連れ添ったほかのメンバー3人への感謝を表している。 「私たちの旅路に連れ添ってくれた全ての人にありがとう。みんなが一生懸命支えてくれたおかげで私たちは成功した。コンサートに来て、私たちの曲を聴き、心から歌ってくれた1人1人のファン、私に応援メッセージをくれたみんな、本当に愛しているわ。あなたたちなしでは何もできなかった。これからもずっと感謝し続ける」 「そしてジェイド、ペリー、リー・アン、たくさんの素晴らしい思い出を作ってくれてありがとう。私はそれを絶対に忘れない。夢を叶え続けて、皆が愛する音楽を作り続けて欲しい。愛を込めて。ジェシー」

ほかのメンバーたちも声明を発表。グループ活動はどうなる?

 一方、ほかのメンバー3人もSNSで声明を発表、ジェシーの決断を心からサポートすると表明した。
「9年間素晴らしい時間をともに過ごしましたが、このたびジェシーがリトル・ミックスからの脱退を決断しました。途方もなく悲しい思いではありますが、私たちはジェシーを全面的に支持します。私たちは彼女のことが大好きですし、心の健康や幸福のために、正しい判断をすることは非常に重要であると考えています」 「私たちはリトル・ミックスとしての旅路を楽しんでいる最中ですし、私たち3人はそれを終えるつもりはありません。ファンのみなさんにとって、ジェシーの脱退は動揺するニュースだと思います。私たちはみなさんを愛していますし、その誠実さと変わらぬサポートに本当に感謝しています。ツアーでお会いできることを楽しみにしています。愛を込めて。ジェイド、ペリー、リー・アン」  ほかの3人のメンバーが連名で発表したコメントにはこう記されているので、ジェシーの脱退により、グループの解散や新メンバーの加入などは当面なさそうだ。

ネットリンチに悩み、「死のうとした」と告白したことも

 ジェシーは昨年、ドキュメンタリー番組に出演し、SNSで誹謗中傷を受けたことをきっかけに不安神経症を患ったことを告白。オーディション番組で優勝後、「太っていてブサイク」「死ねば」などという心ないコメントが多数送られてくるようになり、精神的に追い詰められたあげく、自殺を図っていたことも明かしていた。
 一時は「そういったネットいじめにも冷静に対応できるようになってきた」とも話していたジェシーだが、今年9月にはラジオの生放送中にパニック発作を起こしていたことを本人が告白。11月にはリトル・ミックス6枚目のアルバム『コンフェティ』がリリースされ、PR活動も活発に行われていたが、そこにジェシーの姿はなかった。そして11月中旬、健康上の理由により、ジェシーがグループ活動を一時休養することが発表され、心配の声が上がっていた。   「どんな外見であろうと、他人から何を言われようと、自分自身の個性を受け入れ、自信を持とう」こんな力強いメッセ―ジでファンに勇気を与えてきたリトル・ミックス。今後4人のパフォーマンスが見られなくなるのは残念だが、今回のジェシーの脱退も、まずは自分自身を大切にしようというメッセ―ジなのではないだろうか。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ