Love

幼なじみの男性から急にプロポーズ。コロナ禍が呼んだ意外な縁

 コロナ禍の今、出会いの機会も少なくなり孤独に過ごしている人も多いのではないでしょうか?  ですが、思わぬところから結婚のチャンスが転がり込んでくる事も…。  今回は、そんな女性のエピソードをご紹介しましょう。
コロナ禍マスクカップル風邪男女

写真はイメージです(以下同じ)

派遣社員だけが出社するよう言われて

 真田葵さん(仮名・27歳・派遣社員)は、コロナ禍の真っ只中でも電車通勤を続けていました。 「うちの会社は、正社員はリモートワークなのに派遣は出社を命じられて…納得いかないですが、こんな時に転職するのは不安過ぎますし、仕方ないとあきらめて通勤していましたね」  通勤電車はほぼ満員で、マスクをしていない人もチラホラ。セキやくしゃみをしている人もいるため、葵さんは感染におびえビクビクしていたそう。 「なので、せめてもの抵抗じゃないですが絶対に感染しないぞと相当気をつけていました。『あの人、派遣だから感染したのかもね』と噂されたらムカつくじゃないですか」  出勤以外は電車に乗らず、寄り道は買い出しだけ、家に帰ったらすぐに入浴し、買ってきた物は全てアルコールスプレーをして丁寧にふきとって使っていました。

独りぼっちの中、幼なじみから連絡が

「同僚や、学生時代からの友人から食事や飲みに誘われる事もありましたが、全て断っていましたね」  すると次第に誘われなくなり、SNSなどで自分不在の楽しそうな食事会の写真を見かけると、複雑な気持ちになる葵さん。 「それはそれで寂しい気持ちになって…まぁ自業自得なんですけどね。だからといって、今さら自分も仲間に入れて欲しいなんて言えないですし」  コロナ以前は外食が好きだった葵さんでしたが、テイクアウトをする事にも抵抗があるそうで…。 「だって誰かが素手で触ったり、マスクしない人が調理して飛沫が入っているかもしれないじゃないですか?なのでずっと自炊してひとりで食べているんですよ」  2年前から恋人がいない葵さんは、コロナの恐怖を抱えながら独りぼっちで耐えてきました。 「そんなある日、小学生から幼なじみのKくん(27歳・会社員)から半年ぶりに連絡があったんですよ」 コロナきっかけでプロポーズ
次のページ 
急展開のプロポーズ
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ