Lifestyle

「“いっせい”って、いしだ壱成? 」年下ママ友の会話に入れなかった話

「いっせいって、いしだ壱成?」

いっせい「息子のためにママたちの会話についていこうと、お酒も入って空回りしてしまったんです」  自己紹介が終わると、ドラマや子どもが好きなアニメの話題になったそうです。 「ママ同士は、テレビの話題は定番ですね。私は普段はドラマもテレビも観ていないんです。ネットもスマホでしか見ないし、休みの日は寝ていたいので最近の話題にうとくて。  若い20代のママ友が、『一生(いっせい)が好き』と話していたのですが、高橋一生さんの顔が思い浮かばず……。周りがうなづいているなか、私は心の中では、昔の俳優のいしだ壱成かと勘違いしていました」  ドラマやアニメはジェネレーションギャップを感じるネタばかり。話を合わせたという洋子さんですが、思いもよらぬことで、ついに恥をかいてしまいます。

シャツの「SINCE1982」を笑われて…

「たまたま、自分が好きなミュージシャンの服を着ていたんですけど、そこに『SINCE 1982』と描いてあったんです。その文字を見た若いママさんが、『やだー。私が生まれる前だわ』と言って笑いだして。思わず『そうなんだ』と笑ってやり過ごしました」  アニメやゲームなど、生まれた年が違うだけで話題が伝わらないといいます。 「『美少女戦士セーラームーン』ですが、私は放送されていたときが中学生だったのであまりハマれず……。今、リバイバルブームなのですが、話についていけませんでした。ポケモンも、20代のママが『自分が集めていた頃よりも種類が増えている』と言うんです。私は息子ができるまで、ポケモンの種類もわからなかったから、本当、ママたちとの会話が“異次元空間”ですよ」  しかし、ママ友を通じて世界が広がったとも言います。 「私は仕事では年配の人としか会わないので、若いママさんと会うのがちょうどいいのかもしれません」  笑いながら語ってくれた洋子さん。難しいと思われているママ友づきあいも、お互いが違うことを念頭に置いて、付き合っていけばうまくいくのかもしれません。 ―春のトホホエピソード― <取材・文/池守りぜね イラスト/やましたともこ>
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ