Beauty

「脳洗浄」で小顔に?芸能人も通う怪しいエステに、医師は「ありえない」

 最近、美容業界やエステ好きの間で、「脳洗浄」という小顔エステがじわじわと流行しています。
「脳洗浄」という小顔エステがじわじわと流行中

写真はイメージです(以下同)

 脳洗浄とは、サロン「PARAFUSE.」が生み出した小顔メソッド「PARAFUSE.脳洗浄」のこと。お笑い芸人・NON STYLEの井上裕介が自身のYouTubeチャンネルで体験し「小顔になった」などと報告したり、ものまねタレントの丸山礼が女性誌で紹介するなど、著名人も話題にしています。PARAFUSE.で講義を受けて、「脳洗浄」を始めるサロンも全国各地に広がっているのです。

摩訶不思議な「脳洗浄」とは

 でも、そもそも脳って洗浄できるものか? サロン「PARAFUSE.」(パラフューズ)のホームページを確認すると、以下のような紹介文が書かれています。 「私たちの小顔エステは別名、『PARAFUSE.脳洗浄』といいます。PARAFUSE.の小顔エステは脳脊髄液へのアプローチからスタートし、PNFのテクニックを混ぜ、最後に包帯を使い形状記憶をイメージさせるユニークで新しい小顔メソッドです」  ホームページ内では、脳脊髄液の流れが悪いと、「脳が圧迫されて浮腫んだ状態になると、脳の働きが低下し、自立神経(※)が乱れます。その結果、すべての病気、症状の原因となり得ます」と説明。(※「自律神経」の誤字) 摩訶不思議な「脳洗浄」とは さらに、脳脊髄液には「脳の、神経へ栄養を送り、老廃物を除去する」役割があり、「老廃物が排泄されずに滞ってしまうと、頭痛・めまい・肩こり・腰痛・冷え・生理痛・うつ・関節痛・倦怠感・自律神経失調などあらゆる症状が可能性がある」「脳脊髄液をきちんと流し、脳を活性化する事で結果的に小顔になります」といった持論を展開しています。  でも、「脳洗浄」「脳脊髄液を流す」…などと聞くと、なんだか怖そう…とも感じてしまいます。施術そのものは大変気持ちが良く痛みは全くないそうですが、それはヘッドマッサージと何が違うのか?という疑問の声もあがっています。  外からのマッサージで「脳脊髄液を流す」ことが本当に可能なのか、また脳脊髄液を流すことで小顔になるのか? 美容外科医であり、美容皮膚科医でもある上原恵理先生に、医学的な見解を聞きました。
上原恵理医師

上原恵理医師

脳脊髄液を流すには大きな手術が必要

――まず、脳脊髄液とはどういう役割を担っているものなんでしょうか? 「脳と脊髄に栄養を与えてるのが脳脊髄液です。人間の体は、血液が体全体を栄養している(※)のですが、脳は非常に大切な臓器なので、直接栄養することはできないシステムになっているんです。血液脳関門という関所のようなところがあって、そこは脳が必要な栄養成分だけを通し、脳に有害な成分をブロックするような構造になっています。その血液脳関門を超えたものが脳脊髄液と呼ばれる、脳や脊髄を栄養している液体となります」(上原先生、以下同) ※編集部注:「栄養する」とは、栄養素が血流を通って体をまわり、エネルギーや他の目的に使われることを指します。 脳脊髄液を流すには大きな手術が必要――では、その脳脊髄液を“流す”ことで、小顔になるのでしょうか? 「無理です(笑)! たとえば、水頭症という、脳の中に脳脊髄液がたまってしまう病気があるんです。脳脊髄液がたまると脳が圧迫されてしまって、障害がおこってしまうこともある。この病に対して、現代医学ではシャント手術という治療法をとっています。それは、脳にチューブを通して、そのチューブを体の血管につなげて、たまった液を流すんです。そうまでしないと脳脊髄液の移動ってできないんですよ」 ――脳脊髄液を流すというのは、大きな手術レベルのことなんですね。 「脳脊髄液に何か問題があるかもしれない人を検査するときや、手術をするときに、脳脊髄液を注射で採取することがあります。腰椎穿刺と言うんですが、そのとき注射の刺し方が悪いと脳脊髄液が漏れちゃって、患者さんの脳脊髄液が足りなくなることも…。そうすると、めちゃくちゃ頭が痛くなってフラフラして、治るまでに一週間くらい寝込むほど辛いんです。 だから、脳脊髄液の量って、適切な量が脳内で厳密に管理されているんです。もし、マッサージなどで脳脊髄液のバランスが変わったりしたら、大変なことになるんですよね
次のページ 
手の力だけで頭を小さくするのは不可能
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ