Lifestyle

「子連れの友達に会うと疲れる…」独身女性のホンネは心が狭いのか

「子供が会いたがってる」と言われると…

 しかし、景子さんがミキさんの誘いに断りきれなかったのはこんな事情があるといいます。 「他の用事を入れてミキの誘いを断りたかったのですが、彼氏がいるわけでもないし、断る理由が見つかりませんでした。今はコロナ禍で私自身、誰かと飲みにいくのも気が引けてしまって。それに、ミキから『子供が会いたがっているから……』と言われると断りづらいんですよね。  この前、久しぶりに1人で家でゆっくりしていたら、夕方、突然ミキから連絡が来て『息子が景子と遊びたいってグズりだしたから、少しだけ顔見せに行っていい?』と言われたんです。今はコロナの感染者もまた増えてきているし『やめたほうがいいんじゃない?』と言うと『外でちょっと会うだけだから!』と強引に家まで来ました……。普通、子供がグズったら親がどうにかするものですよね? 結局、外で少し子供の相手をしてあげるとミキは帰っていきましたが、せっかくの休日なのに、一気に疲れましたね……」  そんなに疲れるなら断ればいいのに。とも思いますが、景子さんの中に、「なついてくれる子を迷惑がるなんて心が狭いかしら…」という罪悪感があったのかもしれません。

仕事をしている平日の昼間にも

電話 女性 さらには、こんなこともありました。 「ミキの長男が私のことをすごく気に入ってくれているようで、家でずっと『景子と遊びたい!』と言っているとか。一度、平日の昼間にミキから電話がかかってきて、長男くんに替わると『景子、また遊んでね~』って何度も言っているんです。ミキはそれを止めようともせず『息子くんは景子と〇〇に行きたいんだよね~』と一緒になって話しているんです。  たまたま、ランチ中だったからよかったけど、平日は仕事してるって分からないんですかね? いくら子供が会いたがっているとはいえ、ミキも少しワガママを許しすぎなのでは……と思いましたね」  最近は、ふたたびコロナの感染者が増えたことを理由に「会社から不要不急の外出は控えるように言われているから」とミキさんからの誘いを断るようになったという景子さん。  筆者にも経験がありますが、子連れの友人と遊ぶということは、ものすごい体力を使うものなのです……。  仕事で疲れている独身女性。子育てで大変なママ。お互いに節度を保ちつつ助け合えれば、どちらも世界が広がるんですけどね。 ―シリーズ「ご近所・ママ友とのトラブル」― <取材・文/結城 イラスト/カツオ>
結城
男女観察ライター。鋭い視点で世の男女を観察し、 夫婦問題からイタい火遊びまで、幅広いエピソードを華麗に紡いでいく。Twitter:@yuki55writer
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ