Human

63歳ひとり暮らし・月収12万円でも、楽しく生きる女性の日々のコツ

 コロナ禍で日常生活が脅かされる中、これからの生き方を模索した人もいるのではないでしょうか。経済状況や人間関係、漠然とした不安しかない人も、誰かお手本のような先輩がいたら励みになりますよね。
人生の後半戦を整える 少しの工夫で、満ちあふれた暮らし

写真はイメージです(以下同)

58歳から日々を大切に小さく暮らす』の著者、ショコラさんは63歳。60歳だった2016年にブログ「60代一人暮らし大切にしたいこと」を開始。ブログに綴られた「老前整理」としての物の整理やお金の使い方、仕事や人付き合いまで、今からでも参考にしたいことがいっぱい。  何よりもショコラさんご自身が肩ひじ張らずに毎日を楽しんでいる様子が伝わってきて、ページをめくるたびに和むのです。しあわせは物の数、お金の多さではなく、心の持ちようだということをおしえてくれます。

特別感なし、等身大の日常

 ショコラさんは42歳の時に別居、一人暮らしをしながら、当時未成年だった息子さん達の食事を作りに家へ通う生活を5年続けました。離婚を機に正社員の営業職として働き、57歳で退職。以降はパート勤務に切り替えました。 特別感なし、等身大の日常 私達と何ら変わらない、ご近所や同僚、先輩にいそうな慎ましい女性です。しかし酸いも甘いも経験したような、ショコラさんの文章や写真からは、迷いながらたどり着いた等身大の幸せが感じられます。  ひとりで暮らすと覚悟を決めて「貯金のないところからマンションを購入」、自分の体力を考慮して「自分で動かせない重くて大きい家具は処分」、コンパクトな1LDKの部屋を「住みやすく整える」。2年以上かけて進めた物の整理の秘訣を、そっとのぞいてみましょう。

質の良い服やバッグはヤフオクで購入

 持ち物を処分するには勇気がいるもの。特に洋服やバッグや靴の選別には苦労しますよね。年齢とともに似合うファッションにも変化がおとずれ、プチプラばっかり身に着けていると老けてみえたり、浮いてしまったり。 質の良い服やバッグはヤフオクで購入 ショコラさんはパート収入の12万円という予算から、質の良い服やバッグ、家具などをヤフオクで購入しているそう。私もヤフオクで購入した経験がありますが、未使用でも驚くほど安く入手できる場合があります。  心配なのはサイズですが、ショコラさんいわく「パンツ類はサイズの表記だけではわからないので、必ず試着して買います」とのこと。ヤフオクやメルカリなどは売買しているうちにコツがつかめてくるもの。新品を購入した気分で、差額を貯金、なんてルールを決めてもいいですよね。
次のページ 
「あると便利」は「なくても大丈夫」
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ