Love
Human

夫の死から1年、新たな恋をしている私は「早すぎる」のだろうか

 筆跡アナリストで心理カウンセラーの関由佳です。夫を病気で亡くして1年以上経ちましたが、今回は「夫と死別後の恋愛」についてつづってみたいと思います。
夫と死別、再び恋愛をするのはいつから?立ちはだかる2つの壁

写真はイメージです

 死別をしてからの恋愛というのはどういう感覚なのだろうか、ということは夫と出会うずっと前から密かに気になっていたテーマでした。有名人の方が配偶者を亡くしてから再婚したというニュースを聞いて「もう亡くなった人を忘れられたのだろうか?」と思ったこと、一度はあると思います。  結論として、実際に自分が経験してわかったのは、「亡き夫と新しい恋愛相手は全く別の存在」ということでした。 【夫のがんが発覚した日】⇒脳梗塞で倒れた夫にがんまで発覚。病室で“夫の切ない一言”に号泣

死別後の新しい価値観と、比例しない感情

 夫を看取ってから最も大きく変わったのが、結婚観です。結婚したらまたパートナーが病気になったり、看取ったりすることがあるかもしれない、と思うと、「大切な人と生涯をともに生きる」ということ自体がとても怖いです。  でも人間、不思議なことに心と頭は同期できないようで、「魅力的だな」と思う人が現れてしまうと、失うのが怖いのに、愛されたいし愛したいと願ってしまうようで……。結果として、夫を亡くして半年後にある人と出会い、今恋愛関係を続けています。

恋愛を妨げる2つの壁

恋愛を妨げる2つの壁 一般的に、死別後の恋愛や再婚はハードルが高いとされています。その理由として2つ挙げられるのですが、1つは亡き配偶者が忘れられず比べてしまうため。そしてもう1つの理由は世間体を気にするためです。  私も、上述した「結婚観の変化」とともにこの2つの壁があり、しばらく「出会う」こと自体に引け目を感じていました。  しかし、私の場合は結婚観が変わったことで、むしろ結婚に対する執着がなくなり、恋愛対象が「結婚相手」ではなく「今を一緒に楽しめる人」というライトなものに変化。よって、そもそも最初から亡き夫と比べる対象にはなりませんでした。
次のページ 
新しい恋の足かせになる「世間体」
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ