Beauty

30~40代メイクで捨てるべき“常識”とは。口紅を「最初に」塗るメリット

 こんにちは、コラムニストのおおしまりえです。  日焼け止めを塗って、ファンデーションを塗って、粉を叩いたら眉毛を描いて……こんな風に、メイクの順番や使うアイテムに変化がない30代後半の私。でも、年齢を重ねるたびに顔のつくりは変化しているのに、重ねるメイクは同じでいいのでしょうか。
おおしまりえ

山口さんにメイクしてもらう前「いつものメイク」の筆者。最近、自分のメイクがしっくり来ないんです……

 きっと30~40代の女性なら、同じ悩みを持っている人もたくさんいるはず! ということで、アラフォー以上の女性がヘアメイクで大変身する著書『激変!ビフォア・アフター』(ダイヤモンド社刊)も好評の、メイクアップアーティスト山口直美さんに取材した本企画。前回記事ではアラフォー以降のメイクに大切な“バランス”や引き算メイクについて詳しく聞きました。今回は、各パーツのメイクのコツを解説してもらいましょう。

下地を丁寧にファンデはうすーく! 衝撃続きのメイク術

 では実際にメイクをしていきましょうということで、お化粧を落としてすっぴんになった筆者。ここで山口さんは、日焼け止めをトントンと頬や鼻の高い位置に塗り始め、そして色付きリップを塗り、唇に色味を乗せ始めました。一体この手順、どうなってるんですか!?(以下、「」内コメントすべて山口直美さん) 「まず、大人のメイクは肌で5割決まると覚えておいてください! そして40代はしわやたるみによって、思っている以上にメイクが崩れやすい肌質になっています。つまり、大人のメイクはとにかく肌を丁寧に作り、さらに崩れを少なくするメイクを目指しつつも“崩れてもキレイに見えるメイク”を心がけることが大切です」 おおしまりえ そう言いながら、下地を頬やおでこ、顎先といった顔の高い部分にトントンと丁寧に伸ばします。でも正直、こんなんじゃ全然肌がカバーされている気がしません。しかしこれには、きちんと理由があったんです。

くすみやシミは隠すのではなく、キレイに飛ばす

大人の肌作りのポイントは、光をまとうことです。くすみやシミは隠すのではなく、凹凸を意識したツヤでキレイに飛ばすんです。そうした輝く肌というのは、下地とコンシーラーでほぼ決まると思ってください。下地とコンシーラーをきちんと塗ることで自然なツヤをまとえると同時に、ファンデーションの使用量を抑えられます。結果として、崩れにくい内側から輝く肌が完成します」  今回は私の肌質に合わせて、黄ぐすみを抑えるピンクのツヤ系CCクリームを下地兼日焼け止めとして塗っていきます。CCクリームは肌全体にベターっと塗るのではなく、顔の凹凸に沿って、高い部分により光を集めるよう丁寧に塗るのがポイントとのこと。
おおしまりえ

先にネタバレになりますが、筆者の骨格に合わせた今回のベースメイク。順に解説していきます!

 また高く見せる必要のない顔周り等は、CCクリームの残りを伸ばす程度でOK。UVケアが心配な方はこの下に透明な日焼け止めを仕込んでもいいそうですが、最近の化粧品にはどれも日焼け止め効果が含まれていますから、重ねていくうちにある程度紫外線カバー力のある顔にでき上がるようです。
次のページ 
コンシーラーはファンデの前? 後? どっち?
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ