Lifestyle

マスク内につける“小型ファン”。 涼しくなるのか試してみた

立体マスクでも使用感は同じ

 立体マスクに取り付けたときも、若干形が浮き出る程度で使用感はほぼ変わらず。 立体マスクに取り付け 若干形が浮き出る程度で使用感はほぼ変わらず

んー…ちょっと気になるところ2点

 重さはさほど気になりませんでしたが、長時間使用していたら不織布マスクのゴム紐がのびーっとしてしまったので、一日のうちに何度かマスクを交換するといいかもしれません。  そのほかに気になった点を強いて挙げるなら……、使用中、頬にペッタリと触れ続けることくらい。特に、会話をして頬や口まわりを動かすときに気になりました。この“触れる”感覚には慣れるしかないのかもしれません。 使用中、頬にペッタリと触れ続ける ですが、羽根を除く本体プラスチック部には銀系抗菌剤が練りこまれていて、無加工製品との比較では抗菌率99.9%を実現しているそう。使用後に汗や汚れをキレイに拭き取れば、衛生的に使用できるでしょう。  冷感素材を使用したマスクや、マスクに吹きかけてヒンヤリさせるスプレーなど、夏のマスク生活を快適にするためのアイテムはいろいろと販売されています。  暑さが長引くことが予想される今年の夏。少しでも涼やかに過ごすための工夫が必要になりそうですね。 ※「マスクエアーファン」は、マスクを通して取り込んだ外気をマスク内に送風することと、取り込んだ外気は呼気と一緒にマスクを通して排出されることの2点により、ウイルスをまき散らすということは考えにくい商品だそうです(詳しくはWebサイトを参照)。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます 【他のマスクの記事を読む】⇒いろいろなマスクを試してみた <文/高木沙織>
高木沙織
美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Instagram:@saori_takagi
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ