Fashion

プロ直伝「似合うアクセの選び方」に目からウロコ!目の“形”も重要だった 

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。大人の女性によく似合うシンプルなファッション。しかし、その反面では無難でつまらない印象にもなりやすいです。それを回避してくれるのが「アクセサリー」の存在。
アクセサリー

写真はイメージです

 実はそのアクセサリーも、“顔タイプ”との相性があるそう。ということ今回も、月額制のファッションレンタルサービスairCloset(エアークローゼット)のリアル店舗、「airCloset×ABLE(エアクロエイブル)」のパーソナルスタイリストで店長の熊谷麻衣子さんに、アクセサリーの選び方について話を聞きました! 【シリ―ズ第1回記事】⇒「ゆるふわ服を着ると老ける人」はなぜ?“顔タイプ診断”で似合う服を知る

自分に似合うアクセサリーってどういうもの?

熊谷麻衣子さん(右)

「airCloset×ABLE」のパーソナルスタイリストで店長の熊谷麻衣子さん(右)

――自分に似合うアクセサリーは何を基準に選ぶと良いのでしょうか? 熊谷さん(以下、熊谷)「顔のパーツの大きさと、顔のパーツの形を基準にするのがおすすめです。  まず、アクセサリーの“サイズ”は、顔のパーツのサイズに合わせると良いです。顔のパーツが小さめなら小さくて華奢なサイズがおすすめですし、大きめなら大ぶりでインパクトのあるものがフィットしやすいです。  そして、アクセサリーの“形”も、顔のパーツの形に合わせるとしっくりきやすいです。直線的なパーツが目立つ方は直線が効いたデザインを、曲線的なパーツが目立つ方は、丸みのあるデザインを選ぶのがおすすめ」 ――フェイスラインというより、顔のパーツの大きさや形で選ぶのですね。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます 似合うアクセサリーの選び方熊谷「フェイスラインも大事ですが、顔のパーツが全体の印象を大きく決めるのでそこを基準に選ぶほうが『似合っている』という実感を得やすいのではないでしょうか」 ――なるほど。顔のパーツが直線的・曲線的というのは具体的にはどのようなことですか? 熊谷「ピアスで例を出すと、大きくてクリッとした目の方は丸みがあって大ぶりのデザインのピアスが似合いやすく、反対に切れ長で小粒な目をしている方は、直線的で小ぶりなデザインのピアスがマッチしやすいですね」
似合うアクセサリーの選び方

「顔に近いピアスやイヤリングは、顔の印象と合わせてデザインを選ぶと調和がとれやすいです」と熊谷さん。彼女の場合は、顔の中で直線的なパーツが目立つので、直線的なデザインをよく選ぶそう

アクセサリーの「素材」で印象を変えてみよう

――前回のコ―デに合わせて、私には「アクリル素材の大ぶりイヤリング」を提案していただきましたね! すごく良かったです。 【前回記事】⇒「好きな服が似合わない」とあきらめないで!うまく似合わせる“コツ”があった
似合うアクセサリーの選び方

コーデに合わせたアクセサリーを提案してもらう筆者

熊谷「角さんはシンプルできれいめなコ―デになりがちで、カジュアルダウンしたいとおっしゃっていましたよね。アクリル樹脂素材のイヤリングで、カジュアルさを加えるのをおすすめしました!」 ――アクセサリーを使って、印象を操作するワザですね。 熊谷「はい! きれいめな印象を作りたい時は、光沢感のあるアクセサリーがおすすめです。逆にカジュアルな印象を作りたい時は、マットな質感のアクセがいいですよ」
似合うアクセサリーの選び方

印象を大きく変えられる、イヤリング。「プラスチックや樹脂製のものは、コーデにカジュアルさを加えることができ、ゴールド、シルバー素材(メッキでもOK)のものは、オトナっぽいきれいめな印象をプラスできます」

次のページ 
顔に似合いにくい形のアクセは、避けるべきなの?
1
2
3
Cxense Recommend widget
【ファッションのお悩み募集!】
ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらの「お問い合わせフォーム」まで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【ファッション相談】を入れ、お送りください。コーディネートのこと、体型カバーのことなど、ファッションに関することであれば何でもOKです。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ