Lifestyle

これ心霊写真?友人の顔だけ白いと思ったら、一緒に死にかけて焦った

歌を熱唱しながら山下り

 最高の思い出が作れた宿を背に、美由紀さんの運転で険しい山道を下りますが、その不安は少しずつ増すばかり… 歌を熱唱しながら山下り「心配になったので『ねえ美由紀、大丈夫? 二日酔い?』と声をかけると『ぜーんぜん!』と言ったので、少し安心しました。その後はずっとお互い大好きなPerfumeの曲を窓全開でガンガン流して大熱唱。不安なんて一切消えましたね。ずっと直線道路だったので、もしかしたらかなりスピードが出ていたかもしれません…」

友人に声をかけても無反応で嫌な予感

 そんな2人は、気がつくとトンネルの中をハイスピードで走っていました。 「なかなかそのトンネルが終わらなかったんですよ。そこで美由紀に『このトンネル長いね。何メートルだっけ?』と訪ねたのですが、応答がなかったので…美由紀のほうを見ると、無表情でハンドルを握っていたので嫌な予感しかしませんでした」  不審には思ったものの運転に集中していているのかもと思い、それ以上声はかけなかったそう。
次のページ 
絶体絶命の大ピンチ!
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ