Entertainment

鬼龍院翔、過去の筆跡にみる「危うさ」。“二股交際”を涙目で謝罪

 9月4日に結婚を発表したゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんですが、その直後、10年間も同時に付き合ってきた女性がいたことが8日配信の「文春オンライン」で報じられ、祝福ムードが一転、二股交際に対するブーイングが吹き荒れました。19日、ニコニコ生放送に出演し涙目で謝罪するも、その後の“金爆らしい”体を張った罰ゲームには賛否が集まっています。
 結婚を発表したブログ記事を見てみると、そこには鬼龍院さんの直筆署名が。普段メディアで見ている鬼龍院さんは奇抜な見た目や派手な動きを見せつつも、公の場ではきちんとした対応を見せていた印象ですが、筆跡も丁寧に書いていて、誠実な感じがただよっています。
鬼龍院翔の筆跡

(画像:ゴールデンボンバー 鬼龍院翔オフィシャルブログ「キリショー☆ブログ」より)

 とはいえ、実際にしていたことは残念な同時交際。結婚に至るまでに、どんな心境の変化があったのでしょうか。  そこで、2014年の頃の字と比較し、筆跡心理学を用いて鬼龍院さんの心理と性格を分析してみました。

几帳面さと合理的な面の両方が見える?

 まず大きく違うところは、現在の字は角をきっちり四角く折り曲げているところ。「龍」「院」という字がわかりやすいですが、上部の四角い部分の角が、現在の字はしっかり“くの字”になっているのに対し、2014年の字は丸くなっています。
鬼龍院翔の筆跡

2014年の字(画像:ゴールデンボンバー 鬼龍院翔オフィシャルブログ「キリショー☆ブログ」より)

 四角い字の角は、物事に対する考え方が見られる部分。角を角ばって書く人は、几帳面でルールを守る生真面目な性格。逆に丸く書く人は、ルールよりも合理的な考えを好み、発想力豊かな人が多いです。  この考え方から見ると、2014年の頃はわりとゆるく自分のスタンスのまま過ごしていたようですが、結婚をした2021年の9月はきちんと世のルールに従っていこうという考えの変化があったのかもしれません。
鬼龍院翔の筆跡

2021年結婚報告の字(画像:ゴールデンボンバー 鬼龍院翔オフィシャルブログ「キリショー☆ブログ」より)

 とはいえ、結婚報告というかなり公な場面での署名なので、普段は丸い字を書きながらもこのときだけきちんと書いた、ということも考えられます。筆跡心理学は本人や他人が知らない部分の性格も表れることがあるので、もしかすると、どちらの面も持ち合わせているのかもしれません。

ハネの強さから伝わる、結婚への「覚悟」

 もう一つ変わっているのが、ハネの強さ。「龍」や「院」、「翔」のハネが2014年の字はまったくないですが、結婚発表のときの字は大きくハネています。
鬼龍院翔の筆跡

(画像:ゴールデンボンバー 鬼龍院翔オフィシャルブログ「キリショー☆ブログ」より)

 ハネの強さが表すのは、粘り強さや責任感の強さ。文字のハネる方向は主に上向きになりますが、字の終わりにあえて進行方向とは逆に向けて力を入れようとするのは、最後まで力を抜かない頑張り屋の性格の現れと考えます。
鬼龍院翔の筆跡

(画像:ゴールデンボンバー 鬼龍院翔オフィシャルブログ「キリショー☆ブログ」より)

 結婚の発表の字に書かれている強いハネを見ると、強い責任感と「頑張っていくぞ」という覚悟を感じます。逆に、2014年の字はふわふわしていて、浮ついた雰囲気がにじみ出ています。ハネの弱い字を書く人は、ハネない分、次の字に移るのが早くなるので、フットワークの軽さはあるのですが、一つ一つの事柄の責任が軽くなりがちです。  どうやら、結婚に際し、覚悟を決めたのが伝わってきます。
次のページ 
気分屋な部分は残っているかも?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ