Entertainment

世界的歌姫、不仲の父からついに“解放”。「結婚して赤ちゃんがほしい」

 成年後見制度のもと、約13年にわたり父親のジェイミー氏に財産や生活面で管理されてきたブリトニー・スピアーズ。しかし先月末には、裁判所がジェイミー氏の後見人資格を停止、晴れて父の管理下から解放され、自由の身となった。そんなブリトニーは、先月婚約した恋人サム・アスガリと、12月の誕生日前に挙式することを望んでいるという。

結婚して赤ちゃんを作り、社会生活を元に戻す

Bangshowbiz20211005 (1)

恋人サム・アスガリ(右)と「挙式したい」と語るブリトニー・スピアーズ(左)

 今年12月2日に40回目の誕生日を迎えるブリトニー。5年来の恋人で、先月婚約したフィットネスモデル兼俳優の恋人サムと、自身の誕生日前にハワイで挙式したいと考えているそうだ。  また、ブリトニーには元夫ケヴィン・フェダーラインとの間に15歳と16歳の子供がいるが、今後サムとの子供も持ちたいと願っているという。  ある友人は英紙『ザ・ミラー』にこう話している。 「ブリトニーとサムは、2人が最も幸せを感じられるハワイでの挙式を望んでいます。ブリトニーは、40歳の誕生日である12月2日か、その前にできればと考えているようです」 「盛大なパーティーも企画しているようです。ブリトニーにとっては、実に久しぶりに友人達とくつろげる機会となります」 「ブリトニーの今の最優先事項は、結婚して、赤ちゃんを作り、社会生活を元に戻すこと、そして彼女の多額のお金が何に使われたのかを解明することです」

米裁判所、父の後見人資格をついに停止

 一時期、精神的に不安定な状態に陥ったブリトニーの代わりに、2008年からは父親のジェイミー・スピアーズ氏が成年後見人として、娘の財産や生活を管理。しかしブリトニーは今年6月、法廷審問に自ら出廷し、成年後見制度におかれた自身の状況を「虐待的」として、裁判所に制度の解除を求めていた。また、「成年後見制度のもとでは、結婚や子供を望めないと言われています。IUD(子宮内避妊用具)を体の中に入れられているせいで、私は妊娠できません」とも明かしていた。  そうしたなか、米ロサンゼルスの裁判所は先月29日、ジェイミー氏の成年後見人の継続は不可能との判断を下した。  ジェイミー氏が成年後見人を解任されたことを受け、ブリトニーはサムとの結婚、そして妊娠を現実的に考えられるようになったようだ。

インスタに喜びの投稿。ファンへの感謝も

 先月の裁判には出廷せず、婚約者のサムとビーチリゾートで休暇を過ごしていたというブリトニー。けれども、現地で父の解任の知らせを聞き、自身の希望が叶った嬉しさからか自身のインスタグラムにフルヌードを投稿。「太平洋で遊んでいても、誰も傷つかないわ!」とキャプションを添えて、自由を満喫している様子をうかがわせた。  数日前にバカンスから戻ってきたことをインスタで報告したブリトニーは、父が後見人から外された件についてもコメントを発表。父の支配下からの解放を求める「#FreeBritney(フリー・ブリトニー)運動」を長い間展開してきたファンに感謝の思いをつづった。 「私を成年後見制度から解放させるために尽力してくれたみなさんのおかげで、私の人生はようやくその方向に動き出しました。昨晩は2時間も泣いちゃった。だって、私のファンは最高だから。私はみなさんの心を感じているし、みなさんも私の心を感じてくれているはず」  
 問題が表面化するだいぶ前より、成年後見制度に疑念を抱いたブリトニーのファンたちは、解放運動を立ち上げてデモを行ったり、SNSで「#FreeBritney」キャンペーンを実施。マドンナやマイリー・サイラス、元彼のジャスティン・ティンバーレイクなどの大物セレブも声を上げ、ブリトニーの解放を求める機運が全米で高まっていた。  父の支配下に置かれることはなくなったものの、ブリトニーの約6000万ドル(約67億円)に上る資産については、裁判所が指名した会計士のジョン・ザベル氏が管理することになっているという。ただ、父ジェイミー氏はこの判断について、「娘の財産を見知らぬ他人に任せるのは間違っている」と反論しているそうだ。  そのジェイミー氏、これまで娘の自宅で盗聴していたことが最近になって発覚。ブリトニーを監視していた容疑で、FBI(アメリカ連邦捜査局)の捜査対象になっている。  父から不当に行動を制限されることはなくなったものの、あくまで成年後見制度そのものを終了させることを希望しているブリトニー。裁判所は来月にも、制度の解除について審問を行うとしている。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ