Entertainment

西島秀俊×内野聖陽のイチャイチャを見逃さないで/劇場版『きのう何食べた?』

よしながふみの漫画を原作とする『きのう何食べた?』の劇場版が11月3日、ついに公開されました。 劇場版 きのう何食べた?2019年4月に西島秀俊・内野聖陽主演で深夜ドラマ化されて以降、ファンを増やし続け2020年1月にはスペシャルも放送された人気作。初日だけでなんと動員12万人を超えており、好評の声や続編を望む声も多く聞こえてきます。 ここでは原作漫画・ドラマ共に大ファンで、さっそく鑑賞してきた筆者が、本作の魅力と共に劇場版の見どころをご紹介します。(※予告編以上のネタバレはありません)

映画からでも全然OK!大人気の『何食べ』とは

『きのう何食べた?』(通称『何食べ』)は、弁護士のシロさんこと筧史朗(西島秀俊)と美容師であるケンジこと矢吹賢二(内野聖陽)ふたりのゲイカップルの日常を食卓中心に描いた作品です。 シロさんは弁護士という職業ながら、定時に帰って夕飯を一汁三菜で作り食費を月2万5000円に抑えることをモットーとする倹約家。自分がゲイであることを周囲には隠しています。 ケンジは、人当たりがよく自分の欲望や感情に正直に生きている“乙女”! ゲイであることやシロさんとの恋人関係もオープンです。
(C)「きのう何食べた?」製作委員会

(画像:『きのう何食べた?』公式サイトより)(C)「きのう何食べた?」製作委員会

このふたりをベテラン俳優の西島・内野が見事に再現、熱演したことでも話題になった本作。また、同じくゲイカップルの小日向大策(山本耕史)とジルベールこと井上航(磯村勇斗)も愛すべきキャラクターとして注目され、人気を博しました。
シロさんの料理仲間である富永佳代子(田中美佐子)に、息子がゲイであることを理解したいと思いつつ…受け入れきれないシロさんの父(田山涼成)と母(梶芽衣子)も作品に深い味わいを与えています。 『何食べ』は、ホームドラマのような温かさが特徴です。美味しいごはんと共に、人生のほろ苦い部分、人と人との繋がりや絆が丁寧に優しく描かれています。劇場版もそこは全く変わらず、いきなり映画を観ても十分に楽しめる作品でした。

シロさんに胸キュン!そしてケンジの乙女心に共感の嵐

予告で「彼氏と京都旅行なんて乙女の憧れだよぉ~」とケンジが喜んでいる通りふたりは京都旅行に行きます。 ドラマ版では「旅行に行きたい」というケンジに「旅館に中年男ふたりでって…」と躊躇(ちゅうちょ)していたシロさん。そんなシロさんからのまさかの提案で実現した京都旅行では、予告通りケンジの夢を存分にシロさんが叶えてくれています。(裏には、シロさんのあることに対する後ろめたさがあるのですが…) はじめはキュンキュンときめくケンジですが…優し過ぎるシロさんに徐々に不安を覚えるという展開です。
ケンジの繊細な感情を豊かに表現している内野の演技は、まさに乙女そのもの!映画館ではクスクス笑いが漏れるほどでした。また、いつもヤキモチを妬くのはケンジの専売特許でしたが…劇場版ではなんと「シロさんが?嫉妬?!」というシーンも登場します。その様子も微笑ましかったです。 ふたりがイチャイチャする姿を、いやらしくなく…思わずほっこり観てしまうのは、西島・内野の演技力があってこそだと改めて痛いほど感じました。ちょっとした仕草や会話、表情から、ふたりが本当にお互いを想い合っていることを感じ取って、観ている方も思わず胸キュンしてしまうのです。ドラマ版以上にふたりの仲良しぶりを堪能できます!
次のページ 
生きていれば誰もが抱える問題と葛藤に涙が
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ