Entertainment

M-1決勝!カズレーザー絶賛の「モグライダー」って?メガネの下はイケメン

 12月19日(日)に決勝を迎える漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2021」(ABC/テレビ朝日系)。決勝進出者9組もすでに発表され、審査員の松本人志さんが「M-1。なかなかの波乱やな。」とTwitterでつぶやくなど、バラエティ豊かな面々となっています。  地下の小さなライブハウスを中心に長い間活動してきた通称・地下芸人が多いことが特徴の今年の決勝進出者たち。中でも芸人仲間から「優勝してほしい」と多く名があがるのが、その名もモグライダーです。

モグライダーは、地下芸人たちの希望の星

 モグライダーはツッコミの芝大輔さん38歳とボケのともしげさん39歳からなるお笑いコンビ。「M-1グランプリ」には2009年の結成年から参戦していましたが、準決勝どころか準々決勝止まりの予選の常連。今年が初の決勝進出となりました。  テレビの世界では、ネタ番組のほか、芝さんが「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」(フジテレビ系)や、「アメトーーク!」(テレビ朝日系)に出演することはありましたが、モグライダーという名前が表すように、なかなか陽の目を見る機会に恵まれませんでした。  しかし、そんな彼らも結成12年目の今年、日本中が注目する大イベント「M-1グランプリ」の決勝に満を持して進出。その結果に、共に地下で戦った芸人仲間たちから我がことのような喜びの声が殺到したのは言うまでもありません。  昨年決勝に進出しながらも今年は準々決勝で敗退したウエストランドの井口さんも「僕は誰も応援しないからな!」とTwitterでつぶやきつつ、ともしげさんとの写真付きで快挙を祝福しました。

カズレーザーも絶賛。オールマイティー芸人・芝

 決勝進出記者会見で真っ先に芝さんが放った「本当に、お待たせしました。お待たせしすぎたかもしれません」という言葉。これはギャグでも意気がった冗談でもなんでもなく、応援してくれた地下お笑いファンや芸人仲間への純粋な気持ちでしょう。  それだけ彼らは実力があり期待されながらも、今まで応えることができなかった状態でした。  雰囲気やツッコミの勢いがアンタッチャブルの柴田さんを思わせる芝さんは、そのうまさや的確さ等で天才と呼ばれているとか。彼の能力はカズレーザーさんも絶賛しており「僕らの年代で本当のMC候補」「俺たちはモグライダー芝さん待ち」と認めるほどです。
 また、伊達メガネで隠されていますが芝さんはかなりのイケメン。顔から入ったというファンも多いとか。つまり、芝さんはルックス・話術・ネタ、全てが揃ったオールマイティー芸人なのです。
次のページ 
“マセキ三兄弟”入り確実? ともしげ、天然ボケの爆発力
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ