Lifestyle

日本インストラクター技術協会は、在宅で取れる資格が123種類も!口コミ&評判・評価は?

 年の変わり目、新しいことに挑戦してみよう! と考えている人も多いのではないでしょうか。新しい挑戦の一つにおすすめしたいのが資格の取得です。資格を取るのは時間もお金もかかるし難しそう……と思いますよね。 資格試験 勉強 女性 そこで今回は在宅で取得ができて、しかも女性の生活やキャリアアップに活かせる資格を紹介します。資格をとってプライベートも仕事も充実した一年にしてみませんか?

“教える”資格取得なら「日本インストラクター技術協会」

「管理健康栄養インストラクター」や「メンタル心理インストラクター」など、女性にぴったりでしかも在宅で取れる資格を123種類も認定している「日本インストラクター技術協会」をご存知でしょうか。  日本インストラクター技術協会とは、教える技術を中心とした各ジャンルのスキルが一定以上あることを認定する協会です。また、各スキルを利用したい企業や現場がどれくらいのレベルのスキルを必要としているのかを把握し、その用途や目的に応じて人材を育成。認定資格の有効活用を幅広くおこなっています。  日本インストラクター技術協会には実際にどのような資格があるのか、123種類の資格の中から3つのおすすめ資格を紹介したいと思います。 日本インストラクター技術協会について もっと詳しく知りたい!>>>

おすすめ資格① 管理健康栄養インストラクター

 自分の健康はもちろん、家族の健康にも気をつけたいという方におすすめなのが「管理健康栄養インストラクター」です。管理健康栄養インストラクターは、ビタミンなどの栄養素に関する知識や、腸内細菌の働きなどの知識があることを認定する資格です。各栄養素を含む食材への知識、食品表示の見方など、食品に関する理解度を深め、勉強の段階から実生活に役立つことでしょう。

管理健康栄養インストラクター、資格の口コミ

健康に良い日本食のイメージ 資格をとった人からはこんな声が届いているようです。口コミの一部を見てみましょう。 「家族にはいいものを食べて、ずっと健康でいてもらいたいと思い、資格取得しました。食材の栄養素や食品表示の正しい見方について学べたので、普段の食生活でも生かせていて、とても安心です」 「健康とは精神および肉体、社会的に適応している状態の事だそうです。うちの子は健康に育ってくれるのかしらと心配になり、食育と健康は気っても切れないと思い、管理健康栄養インストラクターになりました。私のように子育てが心配なご両親をお助けして喜んでもらえるこの仕事にやりがいを感じています」  資格保有者の口コミを見ると、自分や家族の健康を守りたいという方にぴったりな資格であることがわかります。その一方で資格をキャリアアップに役立ている方もいるようです。 「イタリア料理の教室やセミナーを開くため1年程勉強して資格を取得しました。勉強する過程で栄養にも触れていたので、本格的に栄養学を学びたくなりこちらの資格への挑戦も決めました。知識も身につき資格も取れたため教室で生徒さんに質問されても大丈夫です」  より実践的に栄養学を学びたい人にマッチした資格で、キャリアアップの道が広がっていることがわかります。 管理健康栄養インストラクターについて もっと詳しく知りたい!>>>

おすすめ資格② アスリート栄養食インストラクター

 さらに本格的に栄養や体のことを学びたいという方には、「アスリート栄養食インストラクター」もおすすめです。アスリート栄養食インストラクターは、スポーツ選手に必要な栄養素や競技特性に合わせた食事の考え方、持久力アップや疲労回復のための栄養と食事についての知識を得た人に認定される資格です。  トレーニング期の食事やメンテナンス期の食事、試合前日の食事と準備、試合当日・試合後の食事なども知識として身につくので、自分はもちろん家族や子どもがスポーツをしている場合にはすぐに役立つ資格です。資格取得後はアスリート栄養食インストラクターとして、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができるようです。

アスリート栄養食インストラクター、資格の口コミ

アスリート 食事 栄養 アスリート栄養食インストラクターも、公私共に資格を役立てている口コミが目立ちます。 「部活に打ち込む高校生の娘からの要望で、スポーツ栄養学を学んでいました。自分の知識を試してみたくて試験に挑戦してみました。合格して娘も喜んでくれたため私も嬉しかったです。娘のためではなく今度は自分のために何か資格が欲しくなりました」 「アスリート栄養食と言われてもピンと来ない方が多くいらっしゃると思います。私もアスリート栄養食に興味を持ち、この資格を得ることになるまでは全く分かりませんでした。アスリート栄養食はスポーツをやってるお子様をお持ちの方や、ジムやクラブでコーチをされてる方は持っていて損のない資格です。体力つくりや怪我の予防、またはその後の回復を助ける食事です。ぜひ知識を身に付け未来のアスリート達を応援しましょう」  自分の学びが誰かのためになると考えると、やる気もアップしますよね。食を通じて頑張る人を応援すれば毎日に張り合いが出そうです。 「自分はけがをしてから、スポーツ選手の前線から身をひくことになりましたが、これからは選手を支えられる存在になりたいと思い、この資格を取得しました。アスリートにとっては、練習以上に食事が大事なので、選手に合わせた食事法をアドバイスしています」 「アスリート達は、皆さん常に意識が高い方達ですが、そんな方の少しでもお役に立てたらと思い、忙しい中こちらの資格を取得しました。今では自信を持って彼らをサポートできています」  自分や家族の健康のためにというモチベーションから仕事のためにまで、資格取得をする目的が多い資格の一つなのではないでしょうか。 アスリート栄養食インストラクターについて もっと詳しく知りたい!>>>

おすすめ資格③ メンタル心理インストラクター

 最後に紹介するのが「メンタル心理インストラクター」です。この資格はカウンセリングという相談援助知識やカウンセリングに関わる倫理、心理アセスメントやチーム医療、指示的カウンセリングなどを十分に理解してそのレベルまで達した方に認定されます。  心の病気を患う方も多い現代社会で、役に立つ資格の一つで、メンタル心理インストラクター資格はカウンセラーとしての心構えやカウンセリングをする上での注意点やテクニックを学ぶことができる実践的な資格です。

メンタル心理インストラクター、資格の口コミ

カウンセリング 資格を取得した人の口コミを見ると、人のために社会のために何か役に立ちたいと考えている方にはぴったりの資格であることがわかります。 「メンタル心理インストラクターは相談者の悩みやストレスを改善していき、心の病気にかからないよう未然に防ぎ助ける仕事です。実際にうつ病になる方は非常に多いのですが、国の対応が後手後手に回っているため、私たちのような職業が必要となります。メンタル心理インストラクターは社会を元気にする仕事です」 「世の中にはカウンセリングを必要としている人が多く見られますし、そういった方達の助けをできたらなという思いが以前よりありました。今回、無事に取れたので頑張りたいです」  また、自身のキャリアアップに活かせたという口コミも多く寄せられています。 「心理、心療系のセミナーは年代を問わず需要がありそうだったので、副業としてセミナーを開くつもりで取得しました。生徒募集はマッチングサイトを利用しています。生徒獲得も競争ですので資格があるとやはり心強いです」 「心理カウンセリングの方法だけでなく、もっと深い知識を習得したいと思い勉強しました。カウンセラーとしての心構えやテクニックを学ぶことができ、よりよいカウンセラーになれるよう頑張っています」 メンタル心理インストラクターについて もっと詳しく知りたい!>>>  一見難しそうに見えるこれらの資格ですが、全て在宅で試験を受けることができるので、忙しい人にこそおすすめです。 「整理収納インストラクター」「銭湯ソムリエ」など123種類の資格を見ているだけでも楽しく、この中から自分にぴったりの資格がきっと見つかるはず。  新しいことを始めたい! 挑戦したい! と思った時こそ始めどきです。資格を取得して公私ともに充実した一年にしてみてはいかがでしょうか。 日本インストラクター技術協会について もっと詳しく知りたい!>>> <文/瀧戸詠未 提供/日本インストラクター技術協会>
瀧戸詠未
ライター/編集者。趣味は食べ歩き・飲み歩き。
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ