Lifestyle

投資の極意を教えます。2022年の注目ポイントは2つ

女性が一生、お金に困らないためのレッスン vol.15/経済評論家・佐藤治彦>  コロナで多くの人が困ってるのに、実は、マンションでも買おうと思って貯めていた頭金用の貯蓄の一部でこっそり始めた株式投資で、びっくりするほど利益が出ている……。そんな方もいらっしゃるでしょう。 お金 この秋には300万円の投資が500万円に。嬉しい。大儲け!  そんなこと会社では言えないですよね。嫌われます。言いづらい。  ところが1か月ほど前に、日経平均が3万円台から2万円台に下がったことがありました。投資していた株式の金額も1割近く減ってしまった。500万円だった株価の評価は460万円に。なんてこともありますよね。  もう一度、500万円になるまでじっと待つのがいいのか?  それとも、これ以上下がる前に買った株式を売却して利益を確定したほうがいいのか?  今回はそんな、人には言えない、嬉しいお金の悩みを持ってるあなたにオススメしたい佐藤流投資の極意です。  いま考えておきたい経済の注目ポイントとともに解説します。

コロナ禍で売上が伸び、業績の良い会社もある

コロナ禍のテレビ業界 新型コロナウイルスに世界中が苦労しているこの2年の間、テレビや新聞のニュースでは、旅行会社、飛行機会社、ライブエンタメ、プロスポーツ、外食、ホテルなどに携わる人たちや会社の苦境が報道されてきました。  外食がダメなので、高級食材が売れない。旅行に出かけず、リモートワークのために、飛行機会社だけでなく、鉄道会社の利用者も減り売上が減る。  また、非正規社員やバイトの人たちの収入も大きく減っています。  メディアでは、こういう苦境に追い込まれた会社や人の話ばかりが取り上げられます。  もちろん経済全体としては下向きの感じがします。何しろ、日本経済の6割以上は消費者の個人消費が支えています。企業だけでなく個人消費も落ち込んだからです。  ところが、中には売上が伸び、業績の良い会社もあります。

新型コロナの経済の中で儲かっている会社とは?

オンライン飲み会、リモートワーク 例えば、機能の高まったスマホで十分と売れなくなった個人向けパソコン。勢いがなくなっていたパソコン業界の業績は大きく改善しました。とても売れた。リモートワーク用に自宅で使えるパソコンが必要だから買った人が多いのです。  スーパーマーケットも食品や家庭用品を中心に売上を伸ばしました。新型コロナの2年間でも悲喜こもごもだったのです。  実は新型コロナの経済の中で、国が得た2020年度の法人税は大きく増えました。これは儲かっている会社もあることを示しています。
次のページ 
株価が上がり続けた理由
1
2
3
4
5
6
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ