Entertainment

2位は石橋貴明&鈴木保奈美。2021年の離婚、びっくりランキング

 12月16日、いしだ壱成(47)が3度目の離婚をしていたことを発表し、話題になりました。お相手は女優の飯村貴子(23)です。この二人以外にも、2021年には多くの芸能人が離婚を発表しました。
 その中でも注目を集め、衝撃を与えたのはどの二人でしょうか。「インパクトのあった結婚ベスト10」に引き続き、「インパクトのあった離婚」についても、30代、40代の女性100人にアンケートを取ってみました。 【関連記事】⇒2位は有吉弘行&夏目三久。2021年の結婚、“衝撃度”ランキング

今年インパクトのあった有名人の離婚は?

======= 【今年インパクトのあった芸能人の離婚ベスト10】 (印象に残ったものを1~3つ選んでもらっています) 10位 熊谷真実&書道家・中澤希水 6% 9位 小室哲哉&KEIKO 7% 同率6位 長谷川京子&ポルノ新藤、小川彩佳アナ&一般男性、ビル・ゲイツ&メリンダ・フレンチ・ゲイツ 8% 5位 有村昆&丸岡いずみ 11% 4位 勝地涼&前田敦子 16%  =======  10位には、女優でタレントの熊谷真実(61)と書道家の中澤希水(43)がランクイン。2012年11月に結婚し、18歳差婚が話題になりました。二人は1年更新の契約結婚の約束をしていたとのことで、今年は契約更新に至らなかったそう。  9位は、2月に離婚が成立した小室哲哉(63)とKEIKO(49)。二人は2002年11月に結婚。2011年から病気療養をしていたKEIKOを小室が支えるようすがたびたび報じられていましたが、2018年に小室と看護師の不倫スキャンダルが勃発していました。  同率6位には、3組がランクイン。  まずは女優でモデルの長谷川京子(43)とポルノグラフィティの新藤晴一(47)。二人は2008年10月に結婚し、翌年2009年に男の子、2012年に女の子が誕生しています。  連名で発表した書面では「数年前から話し合い、1年間の別居生活を経て熟考を重ねた結果、お互いがより良い人生を歩めるようにこの決断に至りました」と述べました。

4位、5位は何かと話題なあの2組

 続いては、7月に離婚が報じられた小川彩佳アナ(36)と医師の男性。2019年に結婚、2020年には第一子が誕生していますが、今年はじめに元夫の不倫が報じられていました。この出来事が離婚の原因かどうかはわかりませんが、結婚生活に終止符が打たれました。  そして最後は、5月に離婚を発表したマイクロソフトの創立者ビル・ゲイツ(66)と実業家メリンダ・フレンチ・ゲイツ(57)。1994年に結婚し、その後娘2人と息子1人が誕生しています。  今回の離婚にあたり、二人は1240億ドル(約13兆5300億円)を分割することで合意。二人が共同で運営してきた慈善団体、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は引き続き継続しています。どうも、お金だけが人を幸せにするわけではないようです。  5位には、7月に離婚を発表した映画コメンテーター有村昆(45)とフリーアナウンサー丸岡いずみ(50)がランクイン。2012年に結婚、その後はロシアで代理母出産で第一子となる男の子をもうけました。離婚の3ヶ月前には、有村がラブホテルで女性を口説いている“不倫未遂”スキャンダルが明らかになっていました。  4位には、4月に離婚を発表した俳優の勝地涼(35)と前田敦子(30)がランクイン。2018年に結婚し、翌年には男の子が誕生しています。離婚後も子供を連れて一緒に出かけるなど親交が深いことを明かしている二人。  勝地は『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演するにあたり、前田から『(離婚のことを)ネタにしてきな』と背中を押されたエピソードを披露していました。
次のページ 
3位には超有名アスリート夫婦がランクイン!
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ