Lifestyle

宿泊代ゼロで北海道旅行できた、知人からのありがた~い申し出とは?

 年末年始、帰省や家族旅行した人も多いと思いますが、近場ならいざ知らず、遠方だと費用もバカになりません。それで計画を立てても断念せざるを得ないことも少なくないようです。  ただし、当初の見積りの半額以下で行けるとなれば話は別。稲山貴代さん(仮名・35歳)も4年前の年末年始、思わぬ形で夫婦2人での北海道旅行を実現させたとか。
札幌(旧北海道庁赤レンガ庁舎前通り)

写真はイメージです(以下同じ)

夫の友人からのまさかの申し出

「3歳上の夫はバツイチ。前の奥さんとの子供の養育費もあり、夫婦共働きでも生活はラクではありませんでした。その年の年末年始は帰省の予定はなかったため、今回は家でゴロゴロすることになりそうだなぁと思っていたんです」  すると、正月まで残り2か月を切った秋のある夜、帰宅した夫から「年末年始、北海道に行かないか?」と思いもよらぬ提案。  仕事終わりに中学時代からの友達と飲みに行くことは事前に聞いて知っていましたが、これには彼女もビックリ。この夫の友達は札幌にマイホームがあるのですが、転勤で首都圏に家族で引っ越し。ただし、数年後には戻ることになっていたので家は誰にも貸さず、そのまま残していたそうです。  しかも、期間限定での賃貸にも出していなかったため、「もし旅行に来るなら好きに使っていいよ」と厚意で言ってくれたそうです。 「それ聞いた瞬間、私は食いつき気味に『行く。絶対行く!』と答えていました(笑)。  北海道はいつか行きたいと思っていたけど、なかなか機会がなくて。で、そのまま結婚しちゃったので、当分無理だろうと諦めてかけていたんです。夫と一緒になってから一番の嬉しいサプライズでした」

台所が使えるので北海道グルメを自分で調理

ゼロ円で友人宅に宿泊旅行 ちなみにこの年、夫は年末年始10連休、派遣社員だった貴代さんも11連休と長かったこともあり、正月休みをほぼ北海道で過ごす8泊9日で計画。航空券も時期的に普段よりは高かったそうですが、LCCで1人往復2万5000円程度で確保することに成功します。  もしこれだけの間、ホテルに泊まるとしたら安いビジネスホテルでもさらに10数万円はかかったでしょう。その負担が一切なく、おまけに借りるのは家を丸ごとなのでリビングと寝室も別々。普通のホテルの客室にはないキッチンや洗濯機も完備され、実質的にはタダで民泊できるようなものです。 「一軒家ではなくマンションだったので雪かきをする必要もありませんでした。こたつがないのは意外でしたけたけど、暖房もあったから室内で過ごす分には自分たちの家よりも快適でした」
次のページ 
友人へのお礼は…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ