Gourmet
Lifestyle

子どものやる気をアップする朝食のコツ。無理しなくていいポイント5つ

 子どもの朝ごはんに、喜びを。
海苔巻きは冷凍食品でも買えるようになっている

海苔巻きは冷凍食品でも買えるようになっている

 お子さんの朝ごはん作り、毎日本当にお疲れさまです。私も6歳の子どもを持つ親ですが、自分の体調や都合とは関係なく「おなかすいたー!」がふってきて、さあどうしよう!?とあたふたしている一人でもあります。しみじみ本当に大変……。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

大切なのは品数やクオリティではない

 しかしながら、やっぱり朝ごはんは大切ですし、子どものやる気や元気を生み出すきっかけにもなる存在。試行錯誤ではありますが、“子どもの朝ごはんに喜びを”をモットーに、インスタグラムでもハッシュタグ「#スギアカツキ子ども朝ごはん」を付け、我が子の朝ごはんを紹介しています。  私が重視しているのは、品数やクオリティではありません。作り手の私たちが無理なく準備できて、子どもの笑顔やモチベーションにつながること。少しでもそんなヒントになればと願いつつ、今回は「子どものやる気を作り出す!無理しない朝ごはんのコツ」をご紹介したいと思います。 【関連記事】⇒子どもの朝食でおさえたい5つのポイント。品数や手作りかどうかは重要じゃない!

①季節の果物を並べる

旬(執筆時)のりんごと柿を並べてみました。蜜がたっぷり入っていたので芯はそのままに

旬(執筆時)のりんごと柿を並べてみました。蜜がたっぷり入っていたので芯はそのままに

 子どものほうも、毎日食欲があるわけではありません。眠くて食べたくないときもあるだろうし、出てきた献立が気に入らないこともあるでしょう。  そんなときにも食べてくれやすいのが、「果物」。しかも効果的なのが、複数を組み合わせて並べてあげること。
お買い得なときに買って冷蔵庫にストックしておくと、毎日やりくりしやすいです

お買い得なときに買って冷蔵庫にストックしておくと、毎日やりくりしやすいです

 ビタミン・ミネラル類や食物繊維が豊富なので栄養バランスも整います。  果物だけ用意して、あとはシリアルとヨーグルトを子ども自身が組み合わせて食べることもできますから、活用度は無限大です。
次のページ 
“見た目”を味方にするのもポイント
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ