Lifestyle

検索データから予測した2022年世界のトレンドが意外。モヒカン、紅茶、メンズの真珠アクセetc.

「虹色ドレス」「ゴス系ビジネスカジュアル」の流行予測も

  ファッションシーンでは、「レインボー」「フューシャピンク」「エレクトリックブルー」といった鮮やかな色の服の検索量が性別・年齢を問わず増えていることから、パっと目をひく「ドーパミン・ドレッシング Dopamine dressing」スタイルの人気が急上昇すると予測。ポップでカラフルなウェアは、ファッション誌などでも2022年に大きなブームが来ると紹介されています。
その反面、黒を基調としたゴスファッション「オー・マイ・ゴス Oh my goth」人気も予測。今までのブームと違うのは、急増中の検索ワードの中に聞き馴染みのない「ゴス系ビジネスカジュアル」や「ゴス系ベビー服」「ゴス系パジャマ」といったものまで含まれているということでしょうか。

チェック柄流行、メンズの真珠アクセサリー需要増える?!

一方、ミレニアル世代とベビーブーマーの間では、スーツからネイル、カーペットまであらゆる場面でチェック柄を目撃することになると、「チェックな気分 Check yourself」がトレンドの一つに挙げられています。 また、「メンズ パール ネックレス」での検索が7倍に増えるなど、真珠のメンズ需要が増えている他、アクセサリーやネイルに真珠を取り入れる人や、結婚式やホームパーティのデコレーションに真珠を選ぶ人が増え、2022年は「パールのパワー Pearlcore」も高まってくるとか。 パール(本真珠)さらに、おうち時間が増えた関係で、部屋着やパジャマをグレードアップする人は引き続き増え続けることが予測され、特にシルクやサテンなど艶のある素材のナイトウェアを求める「シルキーなパジャマ Lounge-erie」も大きなトレンドになりそうです。

紅茶がビールに取って代わる?新フードトレンド

  米国のグルメ雑誌『フード&ワイン FOOD & WINE』がPinterestのトレンド予測で特に注目しているのが、「お茶を楽しむハッピーアワー Afternoon tea will be the new happy hour」。仕事終わりの一杯が、ビールではなくアフタヌーンティーに変わるというもの。 日本でアフタヌーンティーというと、3段の専用スタンドに盛り付けられたスイーツやサンドウィッチなどと一緒に紅茶をいただくイギリス形式のものを思い浮かべますが、ここでは単にSNS映えするティータイムを意味しているよう。 紅茶長引くパンデミックの影響で外食はおろか、友人とカフェに行くことも控える人が全世界的に増えたのか、Pinterestによると、昨年は「アフタヌーンティー レシピ」での検索が4倍に増加。SNSでの映えを求めて「ティーパーティー 美学」「お茶を飲むポーズ」の検索量がすべての世代において増えてきているといいます。 もともとお酒の量を減らしていく健康志向な人が年々増えてきているアメリカ。日本同様、コロナ禍で「仕事終わりに外で一杯」という機会が減っていることもあり、帰宅後(もしくは在宅勤務後)に時間をかけてゆっくり入れた紅茶と、お気に入りのスイーツを一緒にいただくリラックスタイムを持とうという人が増えているのかもしれません。
ちなみに、フードトレンドに予測されたものには他にも、パイやカップケーキより見栄えのするおしゃれなケーキが流行るとする「時代はデコレーションケーキ Batter up」、派手な食事ではなくご先祖さまが食べていたような懐かしい料理が流行ると予測した「ルーツをたどる食卓 Ancestral eats」が挙げられています。 Sources:「Pinterest」「Pure Wow」「Food & Wine」 <文/橘エコ> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
橘エコ
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ