Lifestyle

後輩から結婚式の余興をザツに頼まれてモヤッ…もしやマウンティング?

結婚式と言えば余興が付き物。コロナ禍になり、少人数でささやかに行う結婚式も増えたようですが、中にはもちろん、たくさんの方に見届けてもらいたいというカップルも。余興は式を楽しく盛り上げてくれますが、頼む場合には、マナーに気をつけないといけません。

そっけなかった後輩

「1年くらい会ってない後輩から突然連絡がきて、結婚式で余興をして欲しいと言われたんです」
FBメッセージ

写真はイメージ(以下同じ)

そう語るのは、都内の会社に勤める朝子さん(仮名・30)。余興をお願いしてきたのは、以前、同じ部署で働いていた職場の後輩の里香さん(仮名・26)。 「里香ちゃんとは2年間くらい同じ部署で働いていて、私は里香ちゃんの指導担当でした」 残念ながら里香さんは「できる後輩」という感じではなく、仕事に対してやる気を感じられず、サボりがちだったと言います。 「彼女はプライベートを充実させたいタイプのようでした。仕事に情熱がなさそうで、社内でも少し孤立していました。初めは仲良くなろうとランチに誘ったりもしましたが、そっけなく断られた記憶があります(笑)」 仕事も遅かったため、朝子さんが尻拭いをさせられた思い出もあり、良い印象とは言い難い相手だそう。 「職場でギスギスしたくないので、表面上だけでも仲良く接しようと努力していました。ちょっとツンツンしてるところがある子で、私がご機嫌を取りに行く…という感じでしたね」 扱いにくい後輩だったため、1年前に彼女が異動になった時は「正直ホッとした」と言う朝子さん。

久しぶりにメッセージが来たと思いきや…

そんな里香さんからある日突然、Facebookを通してメッセージがありました。同じ部署だった時も、個人的なメッセージのやり取りはほぼなかったので驚いた朝子さん。 「里香ちゃんから連絡なんて珍しい!…とちょっと嬉しく思ったのも束の間、結婚式で余興をして欲しいという内容でした」 メッセージには「ぜひ結婚式に出席していただきたいです。あと、余興で何曲か歌ってくれたら嬉しいです!」と書いてあったそう。これにはモヤッとせずにはいられなかった朝子さん。 後輩から結婚式の余興を頼まれて「実は、仕事のかたわらジャズシンガーをしているんです。週末は大体、イベントに出演したりしています。理解がある会社だったので、お休みをもらって遠方のコンサートにお呼ばれして行くこともあります」 音楽系の仕事をしていたお父さんの影響で、幼少から音楽に触れていた朝子さんは、ジャズシンガーとしてCDもリリースしています。以前は音楽のみで生計を立てていましたが、それだけで暮らして行くのは厳しく、今は会社員をしながらやっているのだそう。 「一応、歌う時はお金をいただいています。結婚式にゲストで呼ばれることもあり、仕事としてやるならいいのですが…」 里香さんのメッセージからは仕事としてお願いする、というニュアンスは感じられなかったそう。
次のページ 
気が進まない朝子さんの決断は……
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ